コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トモエガモ(英語表記)Anas formosa; Baikal teal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トモエガモ
Anas formosa; Baikal teal

カモ目カモ科。全長 37~43cm。小型のカモで,夏羽(→羽衣)の雄は頭上が褐色で,眼上から後頸,後頸から顎に向けて丸く顔を囲むよう白線がある。眼から下に湾曲した黒い線を挟んで眼先と眼の後ろが淡黄色で,その後ろには光沢のある緑色の三日月型の模様が入る。巴紋を思い起こさせる独特な模様である。背は灰褐色,胸は側面が赤みのある淡褐色地に暗色の細かい斑が密にある。肩羽は長く脇に垂れ下がり,各羽の中央が黒色,上側が赤褐色,下側が白色。脇は灰色で,胸との境に白い筋模様が入る。雌の羽色は褐色地に黒斑があり,の根もとに小白斑がある。繁殖地は東部シベリアで,ツンドラ地帯や湖沼,湿原などに生息し,水辺の乾いた地面に営巣する。植物のほか貝類なども食べる。アムール川流域や日本,大韓民国中国南東部で越冬する。日本にはおもに関東地方以西に越冬のために渡来し,日本海側に多い。通常,昼間は湖沼で休み,夜間に食べ物をとる。「こここ」と低い声で鳴く。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トモエガモ

カモ科の鳥。翼長20cm。雄の顔は黒,淡黄褐色,金緑色の美しい模様をなす。雌の顔は淡褐色に暗色の斑紋がある。シベリア東部で繁殖し,冬は中国等に渡る。日本には冬鳥として全国の池,沼,湖に見られるが,最近は少なくなった。おもに植物質の餌をとる。絶滅危惧II類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トモエガモ
ともえがも / 巴鴨
spectacled duck
[学]Anas formosa

鳥綱カモ目カモ科の鳥。シベリア東部からカムチャツカ半島に繁殖し、中国東部、日本に越冬するアジア特産の小形種で、コガモよりやや大きい。その渡来は不規則で、ときに大群でくるが、近年は減少が著しい。穀類よりむしろどんぐりなどを好む食性に特徴がある。全長約40センチメートル。雄の顔部は、黄と緑が黒と白の線でともえ状に区分されていて、これが名の由来となっている。雌は嘴(くちばし)に接して小白円斑(はん)があるのが特徴である。雄の声は、ペロペロというように聞こえる。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トモエガモの関連情報