コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラック[諸島] トラック

2件 の用語解説(トラック[諸島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トラック[諸島]【トラック】

西太平洋カロリン諸島中央部の島群。周囲約200kmの環礁のなかに,主島ウェノ島(旧称モエン)のほか,ダブロン,フェファン,トル,ウドットなど約50島がある。良港,空港がある。
→関連項目ミクロネシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トラック[諸島]【Truk Islands】

西太平洋,ミクロネシアカロリン諸島に位置する火山島群。現地ではチュウックChuukと呼ぶ。直径65kmの大環礁内の約50の島よりなり,面積約100km2,人口5万3000(1994)。11の島に住民が住み,行政の中心はモエン島ドイツ領,日本の委任統治領,アメリカ信託統治を経て,1982年にミクロネシア連邦の一員となった。日本統治時代(1914‐45)には主要な海軍基地とされ,3万5000人の日本人が住んでいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトラック[諸島]の言及

【オセアニア】より

…サンゴ質のため水と土壌に乏しく,したがって植生も貧困である。しかし,サンゴ礁に囲まれたラグーンは波静かな漁場をなすばかりでなく,船舶にとって絶好の泊地や避難所を提供し,このため,カロリン諸島のトラック諸島がかつての日本海軍の基地とされたような例もある。ラグーンは直径1kmほどの小さなものから,世界最大といわれるマーシャル諸島のクワジャリン島のそれのように琵琶湖の2倍半のものまである。…

※「トラック[諸島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トラック[諸島]の関連キーワードオセアニアカロリン諸島サンタクルーズ諸島トラック諸島パラオ諸島ポナペ島ミクロネシアミクロネシア人ヤップ島トライネシア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone