コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンブリ とんぶり

1件 の用語解説(トンブリの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

とんぶり【トンブリ】

《栄養と働き&調理のポイント
 外見がキャビアに似ていることから「畑のキャビア」とも呼ばれているトンブリは、ホウキグサの実です。かむとプチプチとした独特の食感があるので、「畑の数の子」ともいわれます。
 ホウキグサはヨーロッパ原産で、ユーラシア大陸に広く分布するアカザ科の1年草です。ホウキに使われることから、この名があります。
 わが国では秋田や山形、岩手で栽培されることが多く、9月に小さな果実を収穫して、乾燥貯蔵し、出荷のたびにゆでて果皮を除きます。
○栄養成分としての働き
 トンブリに含まれるサポニンには血糖値の上昇を抑える効果があるといわれ、糖尿病の予防、改善に役立ちます。食物繊維も多く、本物のキャビアと異なり、コレステロールを含みません。
 アルコールの吸収を抑えるので、悪酔いを防ぐ効果もあります。酒の肴(さかな)に最適です。
○漢方的な働き
 生薬名を「地膚子(じふし)」といい、中国では約3000年前から使われているという、信頼性の高い漢方薬です。
 漢方として使われる際の薬効は利尿作用、腎炎(じんえん)の予防、腹水(ふくすい)が原因の病気の治療に効果ありといわれています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

トンブリの関連キーワードブレークポイントポイント活字ポイントガードポイント開発ポイント・カラーポイント制ボーナスポイントポイント方式チャンピオンシップポイントヒッティングポイント

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トンブリの関連情報