コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ帝国 ドイツていこくDeutsches Reich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ帝国
ドイツていこく
Deutsches Reich

ドイツが帝制をとった時代の名称。第1は神聖ローマ帝国,第2はビスマルクドイツ統一によって成立した帝国である。ヒトラーはナチスの国家を第三帝国と称したが,これは狭義の帝国ではない。一般には 1871~1918年のドイツ帝国をさす。この帝国の国制は,1871年4月公布の「ドイツ帝国憲法」によって定められている。帝国は 22の君主国 (王国4,大公国6,公国5,その他7) と3つの自由都市から成る連邦で,各邦はそれぞれ従来の政治制度と法律をもち,行政権もほとんどその手に握っていた。各邦を代表する連邦参議院が上院,全国民の男子普通選挙による帝国議会が下院を構成したが,連邦参議院がドイツ帝国の事実上の最高機関をなした。しかし最大の領域と経済力,軍事力をもつプロシアの権利はきわめて大きく,プロシア王はドイツ皇帝を兼ね,帝国宰相を任命し,帝国宰相もプロシア首相がこれを兼ね,しかも帝国宰相は,皇帝に対してのみ責任をもち,議会には責任を負わなかった。 1918年のドイツ革命によって崩壊。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドイツ‐ていこく【ドイツ帝国】

1871年、普仏(ふふつ)戦争の勝利の結果成立した統一ドイツ国家。22の君主国と3自由市からなる連邦制をとったが、プロイセンが名実ともに帝国を支配し、プロイセン国王が皇帝、プロイセン首相が宰相を兼ねた。神聖ローマ帝国に次ぐものとして、ドイツ第二帝国ともいった。1918年、第一次大戦の敗北と、これと前後して起こったドイツ革命によって崩壊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドイツ帝国【ドイツていこく】

1871年普仏戦争の結果成立したドイツ統一国家。4王国,6大公国,5公国,7侯国および3自由市からなる連邦国家だが,実質はプロイセンの主導下にあり,連邦首長はドイツ皇帝の名を帯びるプロイセン国王。
→関連項目エーベルト北ドイツ連邦ドイツドイツ連邦ユンカー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツていこく【ドイツ帝国 Deutsches Reich】

ドイツで帝制をとった国家は史上2度あり,第1は神聖ローマ帝国(962‐1806),第2がビスマルクのドイツ統一により実現したドイツ帝国(1871‐1918)で〈第二帝国〉ともいう。ヒトラーのナチス国家(1933‐45)もこれに次ぐものとして〈第三帝国〉を称した。しかし日本でドイツ帝国というとき,普通第二帝国をさす。
[ドイツ統一]
 ドイツ帝国は,普仏戦争の最中,1871年1月,フランスのベルサイユ宮殿における皇帝戴冠によって誕生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ドイツていこく【ドイツ帝国】

1871年にドイツの二二君主国と三自由市の統一により成立した連邦国家。プロイセン王が皇帝を、プロイセン首相が宰相を兼ねた。1918年、ドイツ革命により崩壊。神聖ローマ帝国に次ぐ帝国として、ドイツ第二帝国ともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ帝国
どいつていこく
Deutsches Reichドイツ語

ドイツで帝制がとられたことは史上二度ある。最初はオットー1世(大帝)の創始した神聖ローマ帝国(第一帝国、962~1806)で、次がビスマルクのドイツ統一により実現した帝国(第二帝国、1871~1918)である。わが国では普通、後者を「ドイツ帝国」とよぶ。この帝国は1871年、プロイセン・フランス戦争の勝利のあと、北ドイツ連邦に南ドイツ四か国が参加して成立した。プロイセン以下22の君主国と三自由都市からなる連邦で、帝国の元首、すなわち皇帝の位にはプロイセン王がつき、政府を代表する帝国宰相はたいていプロイセン首相が兼ねた。プロイセンは面積、人口、経済力、軍事力で他の邦国を圧倒する実力をもっていた。宰相は憲法上皇帝の任命する一大臣にすぎなかったが、その権限は大きく、ビスマルクがその地位にある間、事実上彼の独裁が行われた。しかし彼のあと、歴代の宰相の力は弱く、皇帝の意のままになって、内政に混乱が生じた。一方、立法府である帝国議会の議員は普通選挙で選ばれ、民意をよく反映したが、その権限は予算審議などに限られ、政治を左右する力をもたなかった。しかし時がたつにつれ、社会民主党のような批判勢力が目覚ましく進出し、帝国議会も政治的影響力を増大させた。この時期、ドイツ資本主義は飛躍的な成長を遂げ、工業の生産力は20世紀初めイギリスを追い抜き、アメリカに次いで世界第二位になった。また、学問や文化でもドイツは当時の世界をリードした。このような実力を背景に、ドイツ帝国は対外膨張に努め、世界の強国を目ざした。このため、イギリスはじめ帝国主義列強との対立が激化し、1914年第一次世界大戦に突入した。4年の戦いののち敗れ、革命(ドイツ革命)が勃発(ぼっぱつ)、皇帝が退位して、ドイツ帝国は崩壊した。
 なお、ヒトラーのナチス国家(1933~45)も、これに次ぐものとして「第三帝国」を称した。[木谷 勤]
『木谷勤著『ドイツ第二帝制史研究』(1977・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドイツ帝国の言及

【プロイセン】より

…プロイセンという呼称は,最も広い意味では,1871年以来ドイツ帝国の中核を形成したプロイセン王国を指す。しかし,行政区域としては,この王国の北東部,すなわちポンメルン州とブランデンブルク州の東方,ワイクセルWeichsel川(ビスワ川)を越えてメーメルMemel川(ネマン川)に至る,バルト海沿いの地域について用いられる。…

※「ドイツ帝国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドイツ帝国の関連キーワードフランケンシュタイン(Georg von und zu Franckenstein)ジョージ・リッター・フォン シェーネラーG.フォン ヘアトリングベートマン・ホルウェークウィルヘルム グレーナホーエンツォレルン家ウィルヘルム[1世]パン・ゲルマン主義シュワーベン戦争ウィルヘルム1世ウィルヘルム2世シェンケンドルフパリ・コミューンツェーリンゲン家ブランデンブルクウィントホルストマルク(通貨)ライヒスバンクエムス電報事件エルンスト2世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドイツ帝国の関連情報