ニセコ積丹小樽海岸国定公園(読み)ニセコしゃこたんおたるかいがんこくていこうえん

  • ニセコしゃこたんおたるかいがんこくていこうえん ニセコシャコタンをたるカイガンコクテイコウヱン
  • ニセコしゃこたんおたるかいがんこくていこうえん〔シヤコタンをたるカイガンコクテイコウヱン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道西部,ニセコ火山群積丹半島海岸を中心とした自然公園。面積 190.09km2。 1963年指定。ニセコアンヌプリイワオヌプリチセヌプリ,目国内岳,雷電山など 1000m級の火山群,58年国民温泉に指定された昆布湯本新見,山田などの温泉,忍路 (おしょろ) 海岸や雷電海岸のような海食崖地形などがある。山頂部はハイマツをはじめ高山植物におおわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

北海道西部,積丹半島とその東の小樽市に至る海岸とニセコ火山を含む。面積190.09km2。1963年指定。神威(かむい)岬積丹岬をもつ積丹半島の海岸は100〜250mの断崖をなす。小樽海岸は祝津,オモタイ,忍路(おしょろ)などの海岸に分かれ絶壁が続き,海水浴場や洞窟が多い。ニセコ地区は最高峰ニセコアンヌプリを中心に昆布(こんぶ),湯本などの温泉が点在,登山,スキーの適地。小樽市,倶知安(くっちゃん)町,岩内町などが探勝基地。
→関連項目岩内[町]積丹[町]積丹半島古平[町]蘭越[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

北海道南西部、後志しりべし支庁にある国定公園。ニセコアンヌプリ山を中心とする火山群や積丹半島から小樽にかけての海岸を含む。スキー場・温泉・海水浴場などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道南西部、積丹半島一帯を占める国定公園。1963年(昭和38)指定。面積190.09平方キロメートル。積丹半島、小樽海岸に海域公園がある。日本海に突き出た積丹半島の沿岸は、積丹岳・余別(よべつ)岳などからなる後志(しりべし)火山群の山々が20~80メートルの急崖(きゅうがい)をなして海に迫り、豪快な景観となっている。東岸に高島岬、厚苫(あつとま)岬、マッカ岬、西岸に沼前岬、川白(かわしろ)岬などの岬があって景観に変化を与えているが、とくに半島先端部の積丹岬、神威(かむい)岬は集塊岩が侵食されて特異な地形をつくっている。沿岸部には美国(びくに)、古平(ふるびら)、入舸(いりか)、余別、神恵内(かもえない)などの漁港が点在するが、これらはかつてニシンの千石場所(せんごくばしょ)で栄えた所である。南部はニセコアンヌプリ、チセヌプリ、雷電山など更新世(洪積世)中期に噴火したニセコ火山群の地域で、冬季は積雪3メートルを超え、スキーの好適地として知られる。山麓(さんろく)にはニセコ五色(ごしき)、湯本、昆布川(こんぶがわ)、比羅夫(ひらふ)、昆布、新見(にいみ)などの温泉があってスキー、登山の基地となっている。[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

北海道南西部の後志(しりべし)支庁にある国定公園。ニセコアンヌプリ・チセヌプリなどの火山群と、積丹半島から小樽市にかけての海岸を含む。昭和三八年(一九六三)指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のニセコ積丹小樽海岸国定公園の言及

【小樽[市]】より

…1910年小樽高等商業学校として開校した小樽商科大学のほか北海道薬科大学がある。西部の海岸地帯はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定され,手宮洞窟などの史跡,祝津のニシン漁場建築,および色内地区の旧日本郵船支店(現在の小樽市博物館,重要文化財),日本銀行支店など開拓の歴史を語る建築物が多く,運河沿いの石造倉庫群の景観保全を求める声が強い。【岡本 次郎】。…

※「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android