ネコ(猫)(読み)ネコ

百科事典マイペディアの解説

ネコ(猫)【ネコ】

食肉目ネコ科。北アフリカ〜インドに分布するヨーロッパヤマネコの1亜種であるリビアネコを飼いならしたものといわれる。前3000年ころエジプトで壁画に飼われていた記録があり,日本へは奈良時代に中国から渡来したと思われる。形態は原種とあまり違わない。聴覚が鋭く,瞳孔(どうこう)は明るさに応じて大きさを変え夜でもよく見える。木登りがうまく,獲物を鋭い鉤爪(かぎづめ)をもった前肢で巧みにとらえる。足の裏には柔らかい肉球があって音をたてずに歩くことができ,鉤爪はふだんは鞘に引っ込めている。妊娠期間は60〜69日間。1腹2〜8子,平生4子,寿命は10〜30年で変異は大きい。品種はあまり多くないが,十分に分類されていない。一般に毛の長さにより,長毛種(ペルシアネコなど)と短毛種(シャムネコ,アビシニアン,マンクスなど)に大別される。また毛色により,黒,白,三毛(みけ),とらなどに分けられる。三毛は雌では普通だが,雄では非常にまれで,しかも生殖能力がない。これは三毛発現に関係する遺伝子がX染色体上にあるためで,雄の三毛は理論的には生じない。なぜこれが生まれるかについては,まだ定説がない。愛がん用,ネズミの駆除などに用いられるほか,皮は三味線の胴皮に利用され,特に白ネコの雌の皮がよいとされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネコ【ネコ(猫) cat】

一般には,家畜のネコ,すなわちイエネコを指すが,広義には食肉目ネコ科の哺乳類の総称として用いる。
【イエネコの家畜化
 イエネコ(飼いネコ)Felis catusの家畜化の歴史はイヌに次いで古く,アフリカからインドにかけて分布するリビアネコを家畜化したものとされる。ネコの家畜化は人類の居住地近くに生息する齧歯(げつし)類の捕食や腐肉をあさることができる機会を利用することから始まるもので,イエネコの出現に人類が果たした役割は能動的ではなく,むしろ受動的であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のネコ(猫)の言及

【帆船】より

…現在ではほとんど例外なくバミューダメーンスルである。(12)キャットcat この名称はアメリカ東部でよく使われてきた1本マストにガフセール1枚だけを展ずる小型ヨットを指すが,転じて現在ではジブをもたない帆装をも意味するようになっている。2本マストにそれぞれ1枚ずつのバミューダセールを展じ,ジブの類をもたないものをキャットケッチといったりする。…

【招き猫】より

…片前足をあげて座っている姿態の猫の像で,縁起物の一種。そのかっこうが人を招く姿に似ており,また芸者の異名をネコと呼ぶのにちなんで,花街や飲食店などで愛用され,正月に買い求めて店の入口に置く風がある。また猫は人だけでなく福をもたらす霊力をもっていると信じられた。…

【養蚕】より

…クワを栽培し,そのクワでカイコ(蚕)を飼育し,繭を生産すること。人類は農業が始まる以前,山野に自然にできたものを採って食糧や衣類などの原料にしていた。その後,生活している場所の近くで植物を栽培したり,動物を飼育するようになった。養蚕も同じような過程を経たものと考えられている。養蚕が始まる以前の長い期間,人類は野生のカイコ(野蚕)の繭を利用していたものと思われる。人類は,太古時代,食用のために果実やクワの実を採ろうとしたとき,木に野蚕の繭が営まれているのを発見し,繭糸が柔軟,強靱で生活上に役だつことを見いだして,しだいに重要な生活資源の一つとしていったのであろう。…

※「ネコ(猫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネコ(猫)の関連情報