コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハデス ハデス Hades

翻訳|Hades

6件 の用語解説(ハデスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハデス
ハデス
Hades

ギリシア神話の神。別名をプルトンともいう地下の死者の国の支配者。クロノスとレアの子で,兄弟のゼウスポセイドンとともにティタンたちとの戦いに勝ったあと,くじを引いて世界を分け合い,冥界の支配権を引当てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハデス(Haidēs/〈英〉Hades)

ギリシャ神話で、冥府の王。クロノスレアの子。ゼウスの兄。デメテルの娘ペルセフォネをさらって妃とした。ローマ神話プルートーにあたる。ハイデス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハデス

ギリシア神話の冥府の王。クロノスとレアの子。プルトン(富める者),あるいはラテン語でプルトPluto,ディスDisとも呼ばれるペルセフォネを妻とした。陰気で,容赦なく悪行を罰する。
→関連項目地獄タルタロスプルトン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハデス【Hadēs】

ギリシア神話で,地下の冥府の王。その名は〈見えざる者〉の意。地中に埋蔵される金銀などの富の所有者としてプルトンPloutōn(〈富者〉)とも呼ばれたところから,ローマ神話ではプルトPluto,またはそのラテン訳のディスDisが彼の呼称となっている。ティタン神族のクロノスの子として生まれ,兄弟のゼウスポセイドンと力を合わせて,当時,世界の覇者であった父神とティタン神族を10年にわたる戦いで征服し,ゼウスが天,ポセイドンが海の王となったとき,ハデスは冥界の支配権を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハデス【Hādēs】

○ ギリシャ神話で、冥府の王。見えない者、の意。クロノスとレアの子。ゼウスの兄。姉妹の女神デメテルの娘ペルセフォネをさらって妻とした。プルトン(富める者)・クリュメノス(名高き者)などの別名をもつ。ハイデス。
死の国。冥界。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハデス
はです
Hades

ギリシア神話の死者の国を支配する神。クロノスとレアの子で、ゼウスとポセイドンの兄弟にあたる。プルトンPluton(富める者の意)ともよばれるが、これは万物を生み育てる大地のもつ富の力を表し、地下の神としてその地下の富を所有することからハデスの別名となった。またローマ神話では、プルトPluto、ディースDis(富の意)などともよばれ、いずれもプルトンに由来する。ハデスにはこのほかにもいくつかの別名があるが、多くの場合、その恐ろしい本名を直接口にするのを避けて婉曲(えんきょく)に暗示するため、これらの別名が用いられた。ハデス(またはアイデス)とは、「目に見えない」の意味と解釈されている。
 ティタン族との戦いでは、有名な隠れ帽子を用いて活躍し、ゼウスが天を、ポセイドンが海を領分にしたように、彼は冥界(めいかい)を獲得した。そして妃(きさき)のペルセフォネとともにミノス、ラダマンティス、アイアコスの3人の判官の補佐を受けて、正義にもとることなく死者の国を支配した。冥府のことを「ハデスの館(やかた)」とか、簡単に「ハデス」ともいうが、その館にはケルベロスという猛犬がいつも番をしており、館の周りにはスティクス、アケロン、コキトス、レテ、ピリプレゲトンの五つの川が流れている。なお、彼には、ペルセフォネを誘拐して妻とする物語のほかには神話らしいものがない。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハデスの言及

【ギリシア神話】より

…ウラノスの呪いとともに天界の主権は子クロノスに移る。彼は姉レアを妻としてヘラを含む3人の女神と3男神ハデス,ポセイドン,ゼウスを生む。彼らはいずれもオリュンポス十二神に数えられる。…

【地獄】より

…たとえばコリントスの邪悪な王であったシシュフォスが堕(お)ちた世界がそれで,彼は石を山頂まで転がしていく作業を永久に続けなければならなかった。ギリシアではこのような地獄を一般にハデスとよび,神名ともなっているが,のちにキリスト教において発達をみた地獄は,ゲヘナである。また新約聖書にはゲヘナのほかにギリシア以来のハデスの語も用いられているが,これはもっぱら死者の霊の赴くところとされ,ゲヘナが悪しき者に永遠の刑罰を加える場所とされているのと好対照をなしている。…

【タルタロス】より

…ゼウスは打ち負かしたティタン神族をここに閉じ込めた。冥界としてはハデスの観念が有力になるにつれ,その最奥の一部とされたり,これと同一視されるにいたった。【辻村 誠三】。…

【ペルセフォネ】より

…ギリシア神話で,冥府の王ハデスの妃。ゼウスと穀物豊穣の女神デメテルの娘。…

※「ハデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハデスの関連キーワードエイレイテュイアギリシア神話ペルセフォネギリシャ神話デメテル十三の冥府《ギリシア神話》ギリシア・ローマ神話ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハデスの関連情報