ハンムラビ法典(読み)ハンムラビほうてん(英語表記)Code of Hammurabi

  • ハンムラビほうてん ‥ハフテン
  • ハンムラビほうてん〔ハフテン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前18世紀頃,バビロン第1王朝の王ハンムラビによって制定された法典。「目には目を,歯には歯を」の同害報復法 lex talionisで名高い。高さ 2.25mの玄武岩石碑に,楔形文字を用いアッカド語で記され,バビロンマルドゥク神殿,もしくはシッパルシャマシュ神殿内に建立されたとみられる。石碑は前12世紀頃侵入してきたエラム人(→エラム)らによってスーサへ持ち去られ,その地で 1901~02年にフランスの考古学者らに発見された。今日ではパリのルーブル美術館に所蔵されている。ほぼ完全な原型をとどめている法典碑としては世界最古。前代の諸法,特にアッカド法,シュメール法の影響を受けながら,これらを集成したもので,神授法典であることを示す序文,282条の本文,法典の規定に違反した者に神の呪いと懲罰が与えられることを記した跋文(ばつぶん)からなる。本文には,裁判組織および手続き,刑罰,行政区画ならびに行政制度,契約上の諸原則,親族,相続などに関する具体的規定が盛り込まれている。同害報復が示されているが,刑罰の重さは加害者の地位などによって変わることとされていた。また契約自由の原則もみられる。ヘレニズム時代(→ヘレニズム文化)以前のオリエント全域の法に強い影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

バビロンの王ハンムラビが紀元前一八世紀中頃発布した楔形(くさびがた)文字による法典。シュメールの慣習法を集大成・成文化したもの。「目には目、歯には歯」の同害同復法で知られる。約二八〇項から成り、後のヒッタイト、アッシリア、ヘブライの各法典などの規範とされた。一九〇一年スーサで発見された石碑は、現在はルーブル美術館蔵。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

バビロニア王ハンムラビが編纂 (へんさん) した法典
1902年フランスの調査隊によりスサで発掘された。高さ2.25m,直径61㎝の黒色閃緑 (せんりよく) 岩の円柱楔形 (くさびがた) 文字アッカド語で4000行282条の法律の刻文がある。当時は世界最古の成文法とされたが,ウルナンム法典などの発見により,それ以前の法典との共通性が判明した。内容は刑法商法民法・奴隷法など,日常生活の全般にわたる。「目には目を」の同害復讐の原則や階級差別がみられるなど,当時の社会を知る貴重な史料である。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android