コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バビロニア美術 バビロニアびじゅつBabylonian art

2件 の用語解説(バビロニア美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バビロニア美術
バビロニアびじゅつ
Babylonian art

メソポタミア文明圏に属し,現在のバグダードの南方 80kmの地点にあった古代都市バビロンを中心に展開された古代セム人の美術。期間はアッカド王朝 (前 2400~2200) から新バビロニア (前 625~539) までの約 1800年間。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バビロニアびじゅつ【バビロニア美術】

メソポタミア南部(バビロニア)においてセム族が営んだ美術の総称で,時代的にはほぼ前20世紀初めに始まり,前6世紀を下限とする。ウル第3王朝の滅亡後,イシンラルサ時代,バビロン第1王朝時代を一般に〈古バビロニア時代〉(前20世紀初め~前16世紀初め)と称し,美術史的にも〈古バビロニア美術〉の呼称をこの時期に用いる。その後のいわゆる〈中期バビロニア時代〉に,この地はカッシートの支配を受け,次いでいくつかの王朝が興亡を繰り返したが,政治的混乱のあおりを受けて,美術的にはカッシート人による美術の遺品のほかはほとんど作品が伝えられていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone