コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バビロニア美術 バビロニアびじゅつ Babylonian art

2件 の用語解説(バビロニア美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バビロニア美術
バビロニアびじゅつ
Babylonian art

メソポタミア文明圏に属し,現在のバグダードの南方 80kmの地点にあった古代都市バビロンを中心に展開された古代セム人の美術。期間はアッカド王朝 (前 2400~2200) から新バビロニア (前 625~539) までの約 1800年間。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バビロニアびじゅつ【バビロニア美術】

メソポタミア南部(バビロニア)においてセム族が営んだ美術の総称で,時代的にはほぼ前20世紀初めに始まり,前6世紀を下限とする。ウル第3王朝の滅亡後,イシンラルサ時代,バビロン第1王朝時代を一般に〈古バビロニア時代〉(前20世紀初め~前16世紀初め)と称し,美術史的にも〈古バビロニア美術〉の呼称をこの時期に用いる。その後のいわゆる〈中期バビロニア時代〉に,この地はカッシートの支配を受け,次いでいくつかの王朝が興亡を繰り返したが,政治的混乱のあおりを受けて,美術的にはカッシート人による美術の遺品のほかはほとんど作品が伝えられていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バビロニア美術の関連キーワードアッシリア美術バビロニアバビロニア語メソポタミアメソポタミア美術ハムラビメソポタミア文明カルデア青のメソポタミアメソポタミヤの殺人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone