コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バートン ばーとんTim Burton

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バートン(Tim Burton)
ばーとん
Tim Burton
(1958― )

アメリカの映画監督。カリフォルニア州バーバンク生まれ。出身地は多くのメジャー映画会社がスタジオを構える場所として知られるが、彼の育った環境は何の変哲もないアメリカの郊外住宅地であり、そこで受けた強烈な疎外感が彼の人格形成および後に撮る作品の基調をなす。彼にとって郊外で育つことは、「歴史に対する感覚、文化に対する感覚、何かへの情熱に関する感覚のない場所で育つこと」を意味した。10代のバートンは、映画館やテレビで古今のホラー映画や『ゴジラ』などの怪獣映画を見ることに熱中。なかでも彼のヒーローは、ホラー映画俳優のビンセント・プライスVincent Price(1911―1993)であった。その一方で、劇映画の特殊効果としてのストップモーション・アニメーション(人形などを静止画像で1こまずつ撮影し、映写することでそれらが動いているように見せる技術)の領域に革新をもたらしたレイ・ハリーハウゼンがかかわる一連の映画に憧れ、友人と協力して稚拙ながらストップモーション・アニメーションを8ミリで撮影したり、学校での読書レポートの代わりに自作の短編映画を提出するなどした。
 高校時代から教師や周囲の人々によって、芸術面での才能を認められていた彼は、1976年、ウォルト・ディズニーが設立したカリフォルニア・インスティテュート・オブ・ジ・アーツ(カル・アーツ)で学ぶための奨学金を獲得。そこで3年間アニメーター養成教育を受けた後、ディズニー・スタジオに採用される。カル・アーツからディズニーへと至るアニメーター養成課程は、ベルトコンベヤー式にアニメを量産するなかで歯車の役割を求めるもので、「アーティストでありつつ軍隊の一員でもあれ」と不可能な要求を突き付けられていたと彼は述懐している。しかし社内には、アニメーターやコンセプチュアル・アーティストとしての彼の才能を擁護する者もいて、バートンは1982年にスタジオの創作開発課から資金を得て、ストップモーション・アニメーションの短編『ヴィンセント』を製作。表現主義的なセット・デザインのなかで、バートン自身を思わせる7歳の少年が俳優のビンセント・プライスになることを夢想する内容で、プライス本人がナレーションを担当してくれたことから、1993年のプライスの死まで公私にわたる交流が継続される。この作品で才能を認められたバートンは、1983年に初めてプロの俳優を使った実写映画の短編『フランケンウィニー』を監督する機会に恵まれる。少年が事故死した愛犬を電気ショックで生き返らせたものの、結局、町の住人に気味悪がられ、ふたたび死に追いやられてしまう、といったフランケンシュタイン物語の翻案である。当初は劇場公開が予定されていたが、内容がシリアスすぎるためPG指定(Parental Guidance Suggestedの略。保護者の同伴が望ましい、という指定)を受けてお蔵入りとなった(1992年になってビデオ化された)。1984年、バートンはディズニー社を退社。『フランケンウィニー』が業界ですでに評判になっていったため、子供向けテレビ番組で人気を博していたポール・ルービンスPaul Reubens(1952― 。役名ピーウィー・ハーマンPee Wee Herman)を主演とした映画の監督をワーナー・ブラザーズから依頼される。長編デビュー作『ピーウィーの大冒険』(1985)は、主人公のピーウィーが盗まれた自転車を探し求める旅の過程で繰り広げられるドタバタ・コメディで、批評は芳しくなかったものの興行的に成功。引き続きバートンが演出した、幽霊屋敷の物語ながらブラック・コメディのテイストが濃厚な『ビートルジュース』(1988)は、批評家にも絶賛され、大ヒットを記録。技術的な洗練が進む一方だった当時のハリウッドの流れに逆行するかのように、プリミティブな雰囲気の特殊効果も評価され、アカデミー最優秀メイクアップ賞に輝く。
 これまでさまざまな監督が候補にあがってきた、伝説的なコミックおよびテレビ・シリーズ「バットマン」の映画化をワーナー・ブラザーズから依頼されたバートンは、オリジナルのコミック・ブックの精神に忠実に、スーパーヒーローとしてではなく、屈折した二面性をはらむ存在としてバットマンを描くことを決意。『ビートルジュース』に引き続き、マッチョなイメージからほど遠いマイケル・キートンMichael Keaton(1951― )を主役に起用することが発表されると、従来のバットマンのイメージを傷つけると、多くのコミック・ファンから抗議の手紙が殺到する。ワーナー側の派手な宣伝戦略もあり、完成前からさまざまな話題に包まれた『バットマン』(1989)は、あまりにも陰鬱(いんうつ)なバットマン像への批判もあったものの、空前の大ヒットを記録。アカデミー賞でも美術賞に輝き、ワーナー側は続編をバートンに依頼する。しかしバートンはいったん原点に戻るべく、彼が幼年時代から心に思い浮かべてきた、両手がハサミの形状をした孤独な人物を主人公とする物語の映画化を進める。『シザーハンズ』(1990)は、バートンのフィルモグラフィー中、もっとも率直に彼自身の心情が吐露された作品となった。ビンセント・プライス演じる老発明家の手で創造された人造人間エドワードは、発明家の急死で天涯孤独の身で城に暮らすようになる。同情した主婦によって郊外住宅地に連れて来られたものの、やがて危険な異分子とみなされ、暴力的な手段で追放される。ここでもバートン自身が体験し観察してきた、自分たちと異なるタイプの存在に対して時にきわめて排他的に振る舞う、郊外住宅地=コミュニティに対する怒りが、フランケンシュタイン物語を下敷きに、「おとぎ話」の体裁を借りて表明された。
 次にワーナーの依頼に応えて監督を務めた『バットマン・リターンズ』(1992)は、全体として前作より活発なトーンに仕上がったものの、前作にも増してバットマンの敵役の描写に情熱が注がれた。バートンが反対するのは、人間を善/悪にカテゴライズする思考法そのものであり、彼が学校や企業に違和感を覚えたのも、出来のいい子/悪い子といったカテゴライズを即座に行うシステムゆえであった。
 伝記映画『エド・ウッド』(1994)は、ほとんどだれからも評価されることのない作品群を、だれにも真似のできない情熱で撮り続け、皮肉にもこの世を去った後の1980年代以降になって「史上最悪の映画監督」として脚光を浴びたエド・ウッドEdward D. Wood Jr.(1924―1978)の人生を、徹底して温かく軽やかなタッチで描いてみせた作品である。同作は、バートンにとって初めて実在の人物を扱った映画であるだけでなく、ユニークな視覚表現や「おとぎ話」的な物語設定の影に埋もれがちな、彼の演出家としての実力を広く知らしめる作品となった。そればかりか、理解することが困難な妄想の世界を、少数の同志の力を借りて映画にするウッドの情熱や楽天性が、バートンにきわめて生産的に受け継がれたことも示したのである。
 ゴシック・ホラーの世界に回帰して大ヒットした『スリーピー・ホロウ』(1999)、伝説的なSF映画の大胆なリメイク『PLANET OF THE APES 猿の惑星』(2001)、父と息子の和解の物語をファンタジックに綴る『ビッグ・フィッシュ』(2003)と、当初、マイナー志向の映画監督とみなされてきたバートンの作家としての奥行きは年を重ねるにつれて深まっている。彼は映画に対する姿勢において妥協することなく、今やハリウッドのメインストリームに位置付けられる存在となった。[北小路隆志]

資料 監督作品一覧

ヴィンセント Vincent(1982)
フランケンウィニー Frankenweenie(1984)
ピーウィーの大冒険 Pee-wee's Big Adventure(1985)
フェアリー・テール・シアター~「ティム・バートンのアラジンと魔法のランプ」 Faerie Tale Theatre - Aladdin and His Wonderful Lamp(1986)
ビートルジュース Beetle Juice(1988)
バットマン Batman(1989)
シザーハンズ Edward Scissorhands(1990)
バットマン リターンズ Batman Returns(1992)
エド・ウッド Ed Wood(1994)
マーズ・アタック! Mars Attacks!(1996)
スリーピー・ホロウ Sleepy Hollow(1999)
PLANET OF THE APES 猿の惑星 Planet of the Apes(2001)
ビッグ・フィッシュ Big Fish(2003)
チャーリーとチョコレート工場 Charlie and the Chocolate Factory(2005)
ティム・バートンのコープスブライド Corpse Bride(2005)
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 Sweeney Todd : The Demon Barber of Fleet Street(2007)
アリス・イン・ワンダーランド Alice in Wonderland(2010)
ダーク・シャドウ Dark Shadows(2012)
フランケンウィニー Frankenweenie(2012)
『マーク・ソールズベリー編、遠山純生訳『バートン・オン・バートン』(1996・フィルムアート社) ▽柳下毅一郎責任編集『フィルムメーカーズ10 ティム・バートン』(2000・キネマ旬報社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バートンの関連キーワードプリンス(ミュージシャン)アニメーション映画立体映画

バートンの関連情報