コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パニック障害 ぱにっくしょうがいpanic disorder

翻訳|panic disorder

知恵蔵の解説

パニック障害

突然、激しい動悸がしたり、息が詰まる感じやめまいに襲われ、手足が震え、死ぬのではないかという恐怖感にとらわれる障害。身体的検査をしても異常がないが、発作は繰り返され、予期不安に悩まされる。行動範囲が狭められ、停車の少ない急行に乗れなくなったり、1人で外出ができなくなることもある。抗不安薬抗うつ薬や、認知療法行動療法などの心理的治療も有効。

(田中信市 東京国際大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パニック障害

突発性の発作や息切れ、めまいなどが繰り返し起きる精神疾患自律神経などの働きが不安定になって発症し、突然の発作を恐れる「予期不安」、公共の場での発作を恐れて引きこもりがちになる「広場恐怖」が特徴。NPO法人「全国パニック障害の会」(東京)によると、人間関係のストレスから発症する場合が多い。一方PTSDは、戦争や大災害など強烈な体験をしていることが前提で、苦痛の記憶が繰り返しよみがえり、発作などが起きる。ともに世界保健機関と米国精神医学会による2種類の国際的な診断基準がある。

(2012-09-29 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

パニック‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【パニック障害】

不安神経症の一。突発的に強い不安感におそわれ、動悸(どうき)、めまい、体のしびれなどの発作がくり返し起こる。次いで、発作の再発に対する恐怖感にもおそわれる。パニック症PD(panic disorder)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

パニック障害【パニックしょうがい】

思い当たる原因はないが,突発的に強い不安や動悸(どうき),めまい,呼吸困難など,多くの身体的・精神的な発作に襲われ,死の恐怖や自分自身をコントロールできない症状を起こすこと。
→関連項目抗鬱剤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

パニックしょうがい【パニック障害】

突発的な動悸どうきやめまいなどの発作に繰り返し襲われ、再発への恐怖心にとらわれる精神障害。不安神経症の一。恐慌性障害。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パニック障害
ぱにっくしょうがい
panic disorder

パニック発作を頻繁に引き起こす疾患のこと。恐慌性障害ともいう。アメリカの精神科診断分類(DSM)第4版(1994)では不安障害の一つとしている。従来は不安神経症といわれた。急に強い不安や恐怖にかられ、激しい動悸(どうき)、息切れ、発汗、吐き気やめまい、胸苦しさなどを感じるのがパニックの症状である。逃げられない場所にいるという「広場恐怖」を伴うことが多い。混雑した駅やデパート、電車、バス、エレベーターの中などで突然、極度の不安や恐怖にかられる。頻度は人によりまちまちで、1日に何度も起こることもある。症状から、最初は心臓の病気を疑うが、検査では異常がなく、パニック障害と診断されるケースが多い。まじめできちょうめんな性格の人に多いとされる。心理的、身体的なストレスが引き金となり、交感神経が興奮し、神経伝達物質ノルアドレナリンが過剰に分泌されて起こる、とみられている。人込みにでるのが不安になり、行動や生活が狭められる可能性があり、うつ症状がでたりすることもある。治療は、抗不安薬、抗うつ剤SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)などの薬を用いる一方、呼吸法や精神療法などで心身をリラックスさせる。[田辺 功]
『貝谷久宣、不安・抑うつ臨床研究会編『パニック障害』(1998・日本評論社) ▽米国精神医学会著、日本精神神経学会監訳『パニック障害(米国精神医学会治療ガイドライン)』(1999・医学書院) ▽竹内竜雄著『パニック障害 追補改訂版』(2000・新興医学出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パニック障害の関連キーワード精神症状として現われる子どもの神経症不安障害(不安神経症/恐怖症)パニックディスオーダー社会性不安障害メンタルヘルス神経症性障害認知行動療法強迫神経症比企理恵精神障害脳卒中高血圧鬱病

パニック障害の関連情報