パブ(英語表記)pub

翻訳|pub

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パブ

パブリックハウス(公共の家)」の略。古代ローマが進出した1世紀ごろから、食堂「タバン」や旅人宿屋「イン」、酒を出す「エールハウス」などとして別々に発展。集会や選挙本部など社交の場に使われたが、英国が「世界の工場」として発展した19世紀に酒場の機能が残ったとされる。BBPAによると、パブで消費されるビールの9割は英国産。50万人がパブで働き、ビール製造や食べ物、食器などの産業を含めると、雇用規模は最大100万人という。

(2010-10-14 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

パブ

英国における酒場の通称。元来認可をうけて酒類を販売する場所の総称としてのパブリック・ハウスに由来するが,産業革命後,農村から切り離されて都市の生活に投げ込まれた労働者階級の人たちが余暇をすごすたまり場所として19世紀前半に都市で急速に発展した。そこでは飲食歓談だけでなく,賭け事演芸・音楽なども行われ,時として政治的な集会の場所ともなり,そこで生み出された〈パブの文化〉はしばしば中産階級の批判をうけた。〈二つの国民〉という英国における階級的な差別を反映して,内部が二つに分けられたものが多かったが,現在ではみられなくなっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パブ【pub】

イギリスの酒場,パブリック・ハウスpublic houseの略。本来,パブリック・ハウスとは,認可を受けて酒類を提供する場所のことで,宿屋(イン),居酒屋(タバーン),ジン・ショップ,ビア・ハウスなどと呼ばれるものがあった。19世紀になってパブと略称で呼ばれるようになった施設は,都市に特徴的なものであり,産業革命によって農村から突然都市的な環境のなかに投げ込まれ,農業とは違って労働の時間と余暇とが明確に区別される工場労働を強いられた労働者の,余暇を過ごす場所となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パブ【pub】

〔public house の略〕
(イギリスの)大衆酒場。洋風の居酒屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パブ
ぱぶ
pub

パブリック・ハウスpublic houseの略。本来、宿屋、ホテルの意味であったが、居酒屋や酒場をさすようになった。イギリスでは元来、宿屋innと居酒屋tavernとは別のものであったが、交通が未発達の時代には、旅行者のために食事や酒とともにベッドを提供する店が必要であったため、至る所に宿屋と居酒屋を兼ねる店ができた。これがパブリック・ハウスの起源であるが、17世紀になると、パブは、コーヒーと酒、とくにビールやワインを売る店をさすようになった。その後、高級な酒場はsaloon, saloon barとよばれ、パブは大衆向けの酒場を意味するようになった。同一の店で、パブとサルーンの二つの入口をもつものもある。日本のパブは1960年(昭和35)前後から流行し始め、バーとレストランがいっしょになったものである。[村田仁代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパブの言及

【居酒屋】より

…酒肆の営業形態は南宋時代にほぼ確立し,元・明・清時代を通じて全国各地に存在して,庶民たちの憩いの場所となった。【寺田 隆信】
[ヨーロッパ]
 ヨーロッパの居酒屋を指す語は,英語ではタバーンtavern,パブリック・ハウスpublic house(パブ),フランス語ではカバレcabaretである。ヨーロッパで居酒屋がどのようにして発生したか,古代ローマとの連関はどうかといった点は明らかでない。…

【喫茶店】より

…しかし,イギリスの〈コーヒー・ハウス禁止令〉(1675)が11日で撤回されたように,規制は成功しなかった。 自由な雰囲気をもったイギリスのコーヒー・ハウスは18世紀中ごろから急に衰え,上流階級のクラブと都市下層民のパブにとって代わられてゆく。それは,コーヒーに代わって紅茶が国民的飲料となったうえ,紅茶が家庭内で飲まれるようになったこと,また大地主による支配体制が確立して社会の階層秩序が固定化したためである。…

【禁酒運動】より

…19世紀後半になるとアメリカの影響を受けて法的な規制による飲酒の制限prohibitionを求める運動が生まれた。議会では自由党がそのスポークスマンになり,パブの営業条件を中心とする飲酒規制の問題は,醸造業者の支持する保守党と自由党との大きな政治的争点になった。イギリスで1人当りの酒の消費量が頂点に達するのは19世紀の後半で,その後は減少していった。…

【産業革命】より

友愛組合のような組織は,そうした努力の表れである。しかし,都市労働者の紐帯をもっともはぐくんだのは,結局パブであった。パブを核とする労働者の生活文化は,中産階級からの厳しい批判――禁酒運動や動物虐待禁止運動はそのもっとも目だった動きである――にさらされつつ,根強く生き残った。…

【バー】より

…昔のヨーロッパの居酒屋tavernには宿屋innを兼営しているものが多かった。それが,今日のイギリスで総称的にパブと呼ばれている居酒屋の原型である。これらの店の前には,馬で乗りつけた客が手綱を結びつけられるように,2本の杭にさしわたした1本の横木,すなわちバーbarが用意されていた。…

【ミュージック・ホール】より

…19世紀後半から20世紀初頭にかけてイギリスで盛んに行われた大衆芸能,またそれを上演する場所。18世紀にパブで客をもてなすために歌を歌ったりしたのが起源で,しだいに複雑化した。1852年,イギリス最初の専用のホールとしてノートンCharles Nortonがロンドンに開いたカンタベリー・ホールCanterbury Hallは,客が飲食をとるために椅子とテーブルを並べた部分と舞台とをもっていた。…

※「パブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パブの関連情報