コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒスイ(翡翠) ひすい

2件 の用語解説(ヒスイ(翡翠)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒスイ(翡翠)【ひすい】

宝石名。(ぎょく)には古くからいろいろの名称があり,そのうち緑色のものをヒスイと呼ぶ。ヒスイは緻密(ちみつ)で光沢があり鉱物学的には大部分が硬玉。古来世界の諸民族で珍重され,とくに中国で愛用された。
→関連項目海上の道誕生石宝石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひすい【ヒスイ(翡翠)】

玉(ぎよく)の一種。ジェードjadeとも呼ばれる。鉱物学的にはヒスイ輝石(ジェダイトjadeite)の微細結晶の集合物である場合と,角セン石の微細結晶の集合物であるネフライトnephriteである場合とがある。前者を硬玉,後者を軟玉と呼ぶ。前者はモース硬度6.5~7,普通は半透明,不透明だが良質のものは透明に近く,希少性とともに珍重される。後者はモース硬度6~6.5,硬玉に比べて色の美しさも劣り,価値は低い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone