コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリ(鰤) ブリ

百科事典マイペディアの解説

ブリ(鰤)【ブリ】

アジ科の魚。地方名が多く,また大きさによっても名が異なる。たとえば東京でワカシ,イナダ,ワラサ,ブリ,大阪でツバス,ハマチ,メジロ,ブリと成長するに従い名が変わる。
→関連項目イナダハマチヒラマサ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブリ【ブリ(鰤) yellowtail】

スズキ目アジ科ブリ属の海産魚(イラスト)。温帯性の回遊魚で日本各地の沿岸に見られる。季節によってはカムチャツカ半島の南部,サハリン沿海州朝鮮半島および台湾沿海にも出現する。典型的な紡錘形で,わずかに側扁する。背は青色腹部銀白色で,吻端(ふんたん)から尾にかけて幅広い黄色の1縦帯が通る。頭が大きく,やせて側線部の黄帯が目だちキブリと呼ばれる瀬付き群と,よく肥満し背の青色の濃いアオブリと呼ばれる回遊群とが区別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブリ(鰤)の言及

【カンパチ】より

…この3種の中ではもっとも体高が高く,側扁度が強い。また,ブリ類はyellowtailと呼ばれるように尾びれをはじめ各ひれが黄色いが,本種は褐色がかっていて黄色くない。体色もやや赤みがかっていて,北陸でアカイオ,関西,四国,九州でアカハナ,アカバナ,アカバラなどと呼ばれる。…

※「ブリ(鰤)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリ(鰤)の関連キーワード定置網巻網