プリニウス[小](読み)プリニウス

百科事典マイペディアの解説

プリニウス[小]【プリニウス】

ローマ帝政期の政治家,著作家プリニウス(大)の甥(おい)。小アジアのビテュニア知事として業績をあげた。トラヤヌス帝に対する称賛演説(《頌詞》)と,出版を目的に書いた《書簡集》10巻が現存する。中でもベスビオ火山の爆発を描いた手紙,およびキリスト教徒の扱いに関するトラヤヌス帝との往復書簡が名高い。小プリニウスと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プリニウス[小]【Gaius Plinius Caecilius Secundus】

61ころ‐113ころ
ローマ帝政期の政治家,弁論家,著作家。コムムの地方貴族の家に生まれ,のちに叔父プリニウス(大)の養子となった。護民官や各種財務官職を経て100年にはコンスル(執政官)をつとめた。その後111年に属州ビテュニアに知事(レガトゥス)として赴任し,113年ころその地で死んだものと思われる。これらの官職を歴任している間に,弁護士として法廷に立ち,いくつかの重要な事件に関与した。また,大土地所有者として,所領の経営にも心をくだいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプリニウス[小]の言及

【ローマ】より

…帝国の繁栄とは属州諸都市の繁栄で,都市参事会員(デクリオネス)を務める大地主層の経済的負担で都市の行政や美化が進められたが,そのため都市財政が悪化するものも現れた。皇帝が属州都市の繁栄に精力を注いでいるさまは,トラヤヌスとビテュニア総督小プリニウスとの間の125通に上る往復書簡や,〈旅行皇帝〉といわれたハドリアヌスの努力から十分に知られる。属州出身の皇帝が属州人へのローマ市民権付与に積極的であったことはいうまでもない。…

※「プリニウス[小]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android