コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポストモダニズム postmodernism

デジタル大辞泉の解説

ポストモダニズム(postmodernism)

芸術・文化の諸分野で、モダニズム(近代主義)の行き詰まりを打開しようとする動向のこと。建築やデザインにおいては、装飾の比重が高まり、過去の様式が自由に取り入れられるところに特色がある。脱近代主義。→モダニズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ポストモダニズム【postmodernism】

機能性・合理性を追求した近代建築を批判的にとらえ、古典様式の引用や装飾の多用など、自由な様式や造形を求める建築デザインの潮流。1970年代半ばに提唱された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ポストモダニズムの関連キーワードリオタール(Jeanロジャーズ(Richard Rogers、建築家)クラウス(Rosalind E. Krauss)フォーサイス(William Forsythe)スキッドモア‐オーイングス‐メリル建築設計事務所シャーマン(Cindy Sherman)バース(John Barth)クリストファー・アレグザンダーネオ・エクスプレッショニズムニュー・アート・ヒストリーチャールズ ジェンクスニュー・ペインティングオルタナティブモダンシミュレーショニズムアプロプリエーションシチュアショニスムポスト・モダニズムポスト・モダン建築ミニマル・アートネオマルキシズム

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android