マカッサル(英語表記)Makassar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドネシアスラウェシ島の南西部,マカッサル海峡に臨む港湾都市旧称ウジュンパンダン Ujung Pandang。スラウェシスラタン州州都スラウェシ島南部だけでなく,マルク諸島小スンダ列島を広く後背地とし,輸出や中継貿易でにぎわう。1512年にポルトガル人が渡来したときにはゴワ国のスルタンのもとで大きな船隊をもち,香料貿易で繁栄していた。1607年オランダ人が交易所を設置し,1667年にゴワを制圧してからは,ヨーロッパ人による香料貿易と,東洋進出の一拠点となった。ココア,コーヒー,パーム油,そのほか林産物や水産物などを輸出。住民のブギス族マカッサル族商人,船乗りとして優れ,広く島外でも活躍,ほかにトラジャ族などの多様な民族集団から構成され,市街にはヨーロッパ人や中国人の商店も多い。1825~30年のオランダからの独立運動を指導しこの地に流されて死んだディポ・ネゴロの墓がある(→ジャワ戦争)。道路網が内陸部に通じ,国内各地やマレー半島などへの直行便が就航する空港がある。ハサヌディン大学(1956)など教育文化施設も多い。人口 133万1391(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スラウェシ島南西の半島部(マカッサル半島)の西海岸に居住。季節風を利用して帆船を操り,ボルネオ,ジャワ,スマトラにかけて商業活動を行う。基本的自治単位は神器共同体ともいうべき地縁集団で,社会は首長,貴族,平民の3階級に分化。言語はインドネシア語派。同半島部に居住するブギス族とは言語・文化ともに類似し,ブギス・マカッサルと一括して称されることもある。
→関連項目ウジュン・パンダンスラウェシ[島]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Makassar) インドネシア、スラウェシ(セレベス)島南西端にある港湾都市。モルッカ・ジャワ・スラウェシなどのココア・コプラ・香料の中継貿易港。ウジュンパンダンの旧称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のマカッサルの言及

【ウジュン・パンダン】より

…地名の意味は〈アナナスの茂る岬〉。旧名マカッサルMakassar。マカッサル海峡に臨み,同島最大の港市で,政治・経済・文化の中心でもあり,南スラウェシ州の州都。…

※「マカッサル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android