ミヤコドリ(都鳥)(読み)ミヤコドリ

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤコドリ【ミヤコドリ(都鳥)】

チドリ目ミヤコドリ科Haematopodidaeの鳥の総称,またはそのうちの1種を指す。この科の鳥は極地ポリネシアの島々を除いて世界的に分布し,1属6種(学者によっては4種または7種)に分類される。日本には1種ミヤコドリがまれに渡来する。全長40~52cm。体は太り,白色と黒色の色彩のものと全身黒色のものとの2型がある。一つの種の中にも両方の型があるとする説と両者を別の種とする説があり,どちらをとるかによって種の数が違ってくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android