コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスピ海 カスピかいCaspian Sea

翻訳|Caspian Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスピ海
カスピかい
Caspian Sea

ヨーロッパ南東端から中央アジア西部を占める世界最大の湖。ロシア語では Kaspiyskoye More,ペルシア語では Darya-ye Khezer。古代名カスピウム海 Caspium Mare。北はロシア,東はカザフスタントルクメニスタン,南はイラン,西はアゼルバイジャンに囲まれる。周囲 6000km。南北の長さ約 1200km,東西の幅平均 320km。湖面標高は季節あるいは年により上下し,それにつれて面積も変動する。湖面標高は-27m,面積は 38万6400km2(1930年 42万4300km2)。南に向かうにつれて深くなり,最大水深は 1025m。北部沿岸は低平で,ボルガ川ウラル川テレク川などの河川が流入し,三角州が発達している。流出河川はない。西岸は丘陵性で西の大カフカス山脈に続く。南岸にはエルブールズ山脈が湖岸近くに迫る。東岸はおもに石灰岩台地からなり,中央部に大きなカラボガズゴル湾がある。表層部の水温は夏季は平均 24~26℃で,南部でやや高い程度であるが,冬季は北部 3~7℃,南部 8~10℃と差がある。カスピ海はかなり新しい地質時代まで,アゾフ海黒海地中海を経て外洋と結ばれていたことが科学的に明らかにされており,最高 13.2‰の塩分を含む塩湖となっている。ボルガ川開発などにより,近年水位は低下の一途をたどっている。中世以来ヨーロッパとアジアを結ぶ交易路として利用され,今日でも内陸水路として重要。漁業も盛んでキャビアの世界的産地として知られるが,湖面低下の影響で生産量は減少しつつある。沿岸では石油,木材,綿花,米などを産し,また美しい砂質の海岸を利用して保養・観光産業も成長。沿岸主要港はアゼルバイジャンのバクー,ロシアのアストラハン,カザフスタンのアトゥラウ,トルクメニスタンのトルクメンバシ,イランのバンダレトルクマンバンダレアンザリー

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カスピ‐かい【カスピ海】

Kaspiyskoe MoreКаспийское Море》アゼルバイジャン・ロシア連邦・カザフスタン・トルクメニスタン・イランに囲まれる、世界最大の湖。塩湖で、面積37万1000平方キロメートル。沿岸や湖底に油田が多い。チョウザメ・アザラシなどが生息。裏海

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カスピ海【カスピかい】

裏海とも。英語でCaspian Sea。ロシア,トルクメニスタン,カザフスタン,アゼルバイジャンとイランに囲まれた塩湖。世界最大の湖で37万4000km2(カラ・ボガズ・ゴル湾を除く)。
→関連項目カラクム砂漠中央アジアマハチカラロシア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カスピかい【カスピ海 Caspian Sea】

西アジアにある世界最大の湖で塩湖。イラン,アゼルバイジャン,ロシア,カザフスタン,トルクメニスタンに囲まれる。裏海ともいい,ロシア語ではKaspiiskoe moreと呼ぶ。面積約37万1000km2,日本の本州の約1.5倍,南北に約1280km,幅160~440km,最大深度995m,湖岸線の長さ約7000km,水面の標高は海面下28m。ボルガ川,ウラル川,アラクス(アラス)川,アトラク川,アスタラ川,セフィード・ルード,ゴルガーン川などが流れ込むが,流入量よりも蒸発量の方が大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カスピかい【カスピ海】

〔Caspian Sea〕 中央アジア西部からイラン北部に広がる世界最大の湖。塩湖。チョウザメを産する。ボルガ川・ウラル川などが流入する。水面は海面下28メートルにある。南西岸のアゼルバイジャン共和国にバクー油田がある。面積37万平方キロメートル。別名、裏海。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスピ海
かすぴかい
Каспийское Море Kaspiyskoe More

中央アジア西部のカフカスからイラン北部にかけて広がる世界最大の湖(塩湖)。英語名Caspian Sea。北から東にかけてはカザフスタン共和国とトルクメニスタン共和国、北から西にかけてはロシア連邦とアゼルバイジャン共和国、南はイランに囲まれる。面積37万1000平方キロメートル、南北長1200キロメートル、東西幅平均300キロメートル。東岸の北寄りにマンギシュラク半島が、西岸の南寄りにアプシェロン半島が突出し、湖の形状はほぼS字型にくびれている。湖岸線の全長は約7000キロメートルで、屈曲が少ない。水温は、冬季には南北で著しい差があり、南部は13℃前後を保つのに対し、北部は0℃以下で、北の3分の1は結氷する。夏季には水温はほぼ一定し、25~28℃である。
 カスピ海はアラル海と同じく、新生代第三紀まではサルマート海の一部であった。地殻変動によって、湖の北部はロシア卓状地、南部は第三系の地向斜となり、それらを縦断して構造線が走り、湖水が蓄えられたとされる。そのため北部の湖盆は皿状で浅く、さらにボルガ、ウラルなどの大河川の流入によって三角州が発達し、水深は10メートル以下である。それに対し、中南部では平均水深200メートル以上で、最深部は1025メートルにもなる。湖水は塩分を含み(平均塩分濃度12.6)、硫酸ナトリウムの量が多い。湖面標高は海面下28メートルと低く、現在も低下し続けている。その原因は、湖水の激しい蒸発と、流入河川の水量不足によるといわれる。湖岸一帯に、アシの生える湿地帯や塩分の固まった裸地帯が拡大して、湖の面積がしだいに減少し、気象条件にも悪影響が出ている。湖面低下による環境悪化を防ぐために、(1)アラル海に流入するアムダリヤを導入する、(2)バレンツ海に流入するペチョラ川の流路を変更してボルガ川水系に組み入れ、同川の水量増大を図る、(3)植林によって緑地を拡大するなど、大規模な総合プランがたてられた。
 ヨーロッパとアジアの中間にあるため、周辺のアムダリヤやボルガ川を含めた水上交通路として、また沿岸部は陸上交通路として、古来、民族、物資の移動に重要な役割を果たしてきた。現在も湖面は周辺諸国の重要な水上交通路で、石油、木材、穀物、綿花、硫安などの物資の輸送が盛んである。主要港としてバクー、アストラハン、トルクメンバシ(旧称クラスノボーツク)がある。漁業も活発で、チョウザメ、ニシンなどの漁獲がよく知られ、カスピカイアザラシなどの生息でも知られている。[小宮山武治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カスピ海の関連キーワードアゼリ・チラグ・グネシュリ油田カスピ海沿岸諸国協力機構カスピ海ヨーグルトの日エルブルズ[山脈]チョルヌイエゼムリユリー クルイモフチュレーニイ諸島ユーゴ・オセチアアースターラーアルボルズ山脈カシャガン油田チャールーストゥラン低地カラクム運河テンギス油田ダゲスタンカルムイクバクー油田グロズヌイスムガイト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カスピ海の関連情報