コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスピ海 カスピかい Kaspii; Caspian Sea

6件 の用語解説(カスピ海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスピ海
カスピかい
Kaspii; Caspian Sea

ヨーロッパ南東端から中央アジア西部を占める世界最大の湖。ロシア語では Kaspiyskoye More,ペルシア語では Darya-ye Khezer。古代名カスピウム海 Caspium Mare。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カスピ‐かい【カスピ海】

Kaspiyskoe MoreКаспийское Море》アゼルバイジャン・ロシア連邦・カザフスタン・トルクメニスタン・イランに囲まれる、世界最大の湖。塩湖で、面積37万1000平方キロメートル。沿岸や湖底に油田が多い。チョウザメアザラシなどが生息。裏海。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カスピ海【カスピかい】

裏海とも。英語でCaspian Sea。ロシアトルクメニスタンカザフスタンアゼルバイジャンイランに囲まれた塩湖。世界最大の湖で37万4000km2(カラ・ボガズ・ゴル湾を除く)。
→関連項目カラクム砂漠中央アジアマハチカラロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カスピかい【カスピ海 Caspian Sea】

西アジアにある世界最大の湖で塩湖。イラン,アゼルバイジャン,ロシア,カザフスタン,トルクメニスタンに囲まれる。裏海ともいい,ロシア語ではKaspiiskoe moreと呼ぶ。面積約37万1000km2,日本の本州の約1.5倍,南北に約1280km,幅160~440km,最大深度995m,湖岸線の長さ約7000km,水面の標高は海面下28m。ボルガ川ウラル川,アラクス(アラス)川,アトラク川,アスタラ川,セフィードルードゴルガーン川などが流れ込むが,流入量よりも蒸発量の方が大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カスピかい【カスピ海】

〔Caspian Sea〕 中央アジア西部からイラン北部に広がる世界最大の湖。塩湖。チョウザメを産する。ボルガ川・ウラル川などが流入する。水面は海面下28メートルにある。南西岸のアゼルバイジャン共和国にバクー油田がある。面積37万平方キロメートル。別名、裏海。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスピ海
かすぴかい
Каспийское Море Kaspiyskoe More

中央アジア西部のカフカスからイラン北部にかけて広がる世界最大の湖(塩湖)。英語名Caspian Sea。北から東にかけてはカザフスタン共和国とトルクメニスタン共和国、北から西にかけてはロシア連邦とアゼルバイジャン共和国、南はイランに囲まれる。面積37万1000平方キロメートル、南北長1200キロメートル、東西幅平均300キロメートル。東岸の北寄りにマンギシュラク半島が、西岸の南寄りにアプシェロン半島が突出し、湖の形状はほぼS字型にくびれている。湖岸線の全長は約7000キロメートルで、屈曲が少ない。水温は、冬季には南北で著しい差があり、南部は13℃前後を保つのに対し、北部は0℃以下で、北の3分の1は結氷する。夏季には水温はほぼ一定し、25~28℃である。
 カスピ海はアラル海と同じく、新生代第三紀まではサルマート海の一部であった。地殻変動によって、湖の北部はロシア卓状地、南部は第三系の地向斜となり、それらを縦断して構造線が走り、湖水が蓄えられたとされる。そのため北部の湖盆は皿状で浅く、さらにボルガ、ウラルなどの大河川の流入によって三角州が発達し、水深は10メートル以下である。それに対し、中南部では平均水深200メートル以上で、最深部は1025メートルにもなる。湖水は塩分を含み(平均塩分濃度12.6)、硫酸ナトリウムの量が多い。湖面標高は海面下28メートルと低く、現在も低下し続けている。その原因は、湖水の激しい蒸発と、流入河川の水量不足によるといわれる。湖岸一帯に、アシの生える湿地帯や塩分の固まった裸地帯が拡大して、湖の面積がしだいに減少し、気象条件にも悪影響が出ている。湖面低下による環境悪化を防ぐために、(1)アラル海に流入するアムダリヤを導入する、(2)バレンツ海に流入するペチョラ川の流路を変更してボルガ川水系に組み入れ、同川の水量増大を図る、(3)植林によって緑地を拡大するなど、大規模な総合プランがたてられた。
 ヨーロッパとアジアの中間にあるため、周辺のアムダリヤやボルガ川を含めた水上交通路として、また沿岸部は陸上交通路として、古来、民族、物資の移動に重要な役割を果たしてきた。現在も湖面は周辺諸国の重要な水上交通路で、石油、木材、穀物、綿花、硫安などの物資の輸送が盛んである。主要港としてバクー、アストラハン、トルクメンバシ(旧称クラスノボーツク)がある。漁業も活発で、チョウザメ、ニシンなどの漁獲がよく知られ、カスピカイアザラシなどの生息でも知られている。[小宮山武治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カスピ海の関連キーワード塩湖スペリオル湖西アジアバン湖アジア象アジア風邪亜剌比亜ウィンダミア開灤国際サッカー連盟(FIFA)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カスピ海の関連情報