コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュジック・コンクレート ミュジック・コンクレート musique concrète

翻訳|musique concrète

2件 の用語解説(ミュジック・コンクレートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュジック・コンクレート
ミュジック・コンクレート
musique concrète

具体音楽のこと。自然界に存在するあらゆる音または人工的手段により得られる種々の音を録音し,機械的,電気的に操作して作品として仕上げたもの。電子発振装置により人工的に生産される音素材を用いる狭義の電子音楽に対し,およそ耳にするあらゆる音響を素材とする点が異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミュジック・コンクレート

具体音楽ともいう。自然,人間,機械など外界にある音を素材として録音し,これを機械によって変化させ組み合わせて作った音楽。1948年にフランス国営放送の音響技師,作曲家のP.シェフェール〔1910-1995〕によって始められ,以後,電子音楽や通常の形態の音楽と組み合わされて使われている。
→関連項目コラージュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ミュジック・コンクレートの関連キーワード歌舞伎音楽具体音楽自然界芝居唄精密機械ミュージックコンクレート立体音音楽と人自然治療ミュジック・コンクレート

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone