コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュジック・セリエル ミュジックセリエル

百科事典マイペディアの解説

ミュジック・セリエル

1950年代に前衛音楽の主流をなした作曲技法。シェーンベルクが音高(音の高さ)について確立した十二音音楽の体系を,音価(音の長さ),音色,強度(音の強さ)にも拡大したもので,4要素を音楽の構成単位として〈音列(セリー)〉化し,順列的に操作して作曲する。
→関連項目クルシェネククルターググレツキ柴田南雄シュトックハウゼンフーバーミニマル・ミュージック

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュジック・セリエル

セリー」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミュジック・セリエルの関連キーワードカールハインツ シュトックハウゼンジョルジュ リゲティ偶然性の音楽ウェーベルンプースールニルソンリゲティ現代音楽音列作法黛敏郎アミ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android