コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュジック・セリエル ミュジックセリエル

2件 の用語解説(ミュジック・セリエルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミュジック・セリエル

1950年代に前衛音楽の主流をなした作曲技法。シェーンベルクが音高(音の高さ)について確立した十二音音楽の体系を,音価(音の長さ),音色,強度(音の強さ)にも拡大したもので,4要素を音楽の構成単位として〈音列(セリー)〉化し,順列的に操作して作曲する。
→関連項目クルシェネククルターググレツキ柴田南雄シュトックハウゼンフーバーミニマル・ミュージック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュジック・セリエル
ミュジック・セリエル

セリー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュジック・セリエルの関連キーワード柴田南雄フェルドマン湯浅譲二シュニトケユン橋本 國彦湯浅 譲二ポピュラー・ソングミュジック・セリエル前衛音楽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone