コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュジック・セリエル ミュジックセリエル

2件 の用語解説(ミュジック・セリエルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミュジック・セリエル

1950年代に前衛音楽の主流をなした作曲技法。シェーンベルクが音高(音の高さ)について確立した十二音音楽の体系を,音価(音の長さ),音色,強度(音の強さ)にも拡大したもので,4要素を音楽の構成単位として〈音列(セリー)〉化し,順列的に操作して作曲する。
→関連項目クルシェネククルターググレツキ柴田南雄シュトックハウゼンフーバーミニマル・ミュージック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ミュジック・セリエルの関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone