コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一関[市] いちのせき

百科事典マイペディアの解説

一関[市]【いちのせき】

岩手県南部,北上川の支流磐井川及び砂鉄川全流域を占める市。1948年市制。磐井川下流部の北上川との合流地付近に市街がある。近世には伊達氏支藩の城下町,奥州街道の宿駅として発達した。
→関連項目北上盆地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちのせき【一関[市]】

岩手県南部,北上盆地南端にある市。1948年西磐井郡一関町と山目町,中里村,真滝村が合体して一関市となり,55年厳美,萩荘,弥栄,東磐井郡舞川の4村と合体。人口6万3477(1995)。西に奥羽山脈,東に北上高地がせまり,その間を北上川が南流する。西方の須川岳に源を発する磐井川が市街地の中心部を流れ,市域東端の狐禅寺で北上川に注ぐ。古く安倍氏時代に関塞(関所)を置いたのが市名のおこりといわれ,1682年(天和2)以降は田村藩の城下町として発展し,釣山公園に一関城址がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一関[市]の関連キーワード厳美渓

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android