コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一関[市] いちのせき

2件 の用語解説(一関[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

一関[市]【いちのせき】

岩手県南部,北上川の支流磐井川及び砂鉄川全流域を占める市。1948年市制。磐井川下流部の北上川との合流地付近に市街がある。近世には伊達氏支藩の城下町奥州街道の宿駅として発達した。
→関連項目北上盆地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いちのせき【一関[市]】

岩手県南部,北上盆地南端にある市。1948年西磐井郡一関町と山目町,中里村,真滝村が合体して一関市となり,55年厳美,萩荘,弥栄,東磐井郡舞川の4村と合体。人口6万3477(1995)。西に奥羽山脈,東に北上高地がせまり,その間を北上川が南流する。西方の須川岳に源を発する磐井川が市街地の中心部を流れ,市域東端の狐禅寺で北上川に注ぐ。古く安倍氏時代に関塞(関所)を置いたのが市名のおこりといわれ,1682年(天和2)以降は田村藩の城下町として発展し,釣山公園に一関城址がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一関[市]の関連キーワード磐井川江刺北上北上盆地雫石川人吉盆地水沢盛岡城北上山地錦秋湖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone