コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三川[村] みかわ

世界大百科事典 第2版の解説

みかわ【三川[村]】

新潟県中部,東蒲原(ひがしかんばら)郡の村。人口4396(1995)。阿賀野川の谷口にあり,村の中央を阿賀野川が西流し,川沿いに磐越西線,国道290号線が通じ,磐越自動車道の三川インターチェンジがある。村域の大半を山林が占める。近世は会津藩領で,廃藩置県後も若松県に属したが,1886年新潟県に編入された。かつての会津街道は諏訪峠から新谷(あらや)を経て赤谷盆地に通じており,新谷,綱木は宿場町として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android