三楽(読み)サンラク

デジタル大辞泉の解説

さん‐らく【三楽】

《「孟子」尽心上から》君子三つの楽しみ。一家の者が無事であること、天にも人にも恥じるところのないこと、天下英才を教育すること。
《「列子天瑞から》人生の三つの楽しみ。人間として生まれたこと、男子として生まれたこと、長生きしていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんごう【三楽】

〔論語 季氏
人が願い望む三つのもの。礼楽をわきまえ、人の善行をほめてみならい、賢友の多いこと。また、わがままをし、安逸をむさぼり、酒色に耽ふけること。 → さんらく(三楽)

さんらく【三楽】

〔孟子 尽心上〕 君子の三つの楽しみ。すなわち父母兄弟家族の者が皆、無事で生きていること、公明正大で心に恥じることがないこと、天下の英才を得てこれを教育すること。
〔列子 天瑞〕 人生の三つの楽しみ。人として生まれたこと、男として生まれたこと、長寿であること。 → さんごう(三楽)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三楽の関連情報