コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭円朝(初代) さんゆうてい えんちょう

2件 の用語解説(三遊亭円朝(初代)の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

三遊亭円朝(初代)

1839〜1900(天保10年〜明治33年)【落語家】「人のする噺は決してなすまじ」と名作落語を次々と創作。 二葉亭四迷の作品にも影響。落語家。幕末〜大正期に二代を数える。初代(1839〜1900)は江戸生れ、本名出淵(いずぶち)次郎吉。二代三遊亭円生弟子入り、小円太として高座に上がるが、父母の反対から一時廃業。1855年(安政2)円朝と改め復帰、真打となった。派手な衣裳や道具を使った芝居噺(しばいばなし)で人気を博したが、師匠円生からの仕打ちから「真景累ケ淵」や「怪談牡丹灯籠」などを創作。高座の速記が新聞に連載掲載され、二葉亭四迷の言文一致の創作活動にも影響を与えた。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三遊亭円朝(初代) さんゆうてい-えんちょう

1839-1900 幕末-明治時代の落語家。
天保(てんぽう)10年4月1日生まれ。初代橘家円太郎の子。7歳で小円太を名のり,のち2代三遊亭円生門下となる。一時廃業して浮世絵をまなぶが,三遊派の再興をめざして円朝とあらため,復帰して真打となる。怪談噺(ばなし),芝居噺を得意とし,派手な高座と創作噺で人気をえた。明治33年8月11日死去。62歳。江戸出身。本名は出淵(いずぶち)次郎吉。作品に「怪談牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」「塩原多助一代記」など。
【格言など】家奴(かかあ)があると銭の事ばかり云って仕事の邪魔になっていけませんから持たないんです(「名人長二」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三遊亭円朝(初代)の関連キーワード春風亭小さん桂文楽(4代)三遊亭円生(3代)三遊亭円馬(初代)三遊亭円遊(2代)春風亭柳枝(2代)春風亭柳枝(3代)橘家円太郎(2代)林屋正蔵(4代)湯川退軒武井宗祐藤井雪堂高橋由一RoeslerK.MorelE.椎野正兵衛紹美栄祐湯川退軒和田信旦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone