コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三隅[町] みすみ

4件 の用語解説(三隅[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三隅[町]【みすみ】

島根県西部,那賀(なか)郡の旧町。大半が山地で農林業が主。山陰本線が通じる日本海岸の三保,岡見は漁村,三隅氏の城下町であった主集落三隅は商業の中心で,石見(いわみ)和紙を特産。

三隅[町]【みすみ】

山口県大津郡,日本海に面する旧町。仙崎湾に入る三隅川流域低地を中心とする農漁村地域。主集落は左岸にある古くからの市場町で,山陰本線が通じる。海岸は北長門海岸国定公園の一部。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みすみ【三隅[町]】

島根県西部,那賀郡の町。人口8881(1995)。日本海に面し,北東は浜田市に,南西は益田市に接する。中央部を三隅川が流れる。三隅川流域に耕地が開け,米,タバコシイタケブドウを産する。中心集落の三隅の東方にある高城山には,中世の豪族三隅氏の築いた三隅城跡がある。三隅神社はツツジの名所として知られ,矢原の三隅大平桜(天)は樹齢300年以上のヒガンザクラである。かつて石見(いわみ)地方の農村で作られていた石州半紙の伝統的製法は当地に残り,国の重要無形文化財になっている。

みすみ【三隅[町]】

山口県北部,大津郡の町。人口6748(1995)。東は萩市,西は長門市に接し,北は仙崎湾に臨む。中央を三隅川が北西流し,川沿いの平たん地に集落が分布する。南は天井山(602m),権現山(560m)などの山地である。中世には伊勢神宮領三隅御厨が置かれていた。米作中心の農業が行われ,スイカイチゴ施設園芸,養鶏,養豚が盛んである。また仙崎湾を利用した浅海養殖が盛んで,カキ,ノリの養殖が行われる。木工,食料品などの工場があり,かまぼこを特産。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone