コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油谷 ゆや

2件 の用語解説(油谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油谷
ゆや

山口県北西部,長門市西部の旧町域。日本海に臨む。 1954年菱海村,宇津賀村,向津具村の3村と日置村の一部が合体して町制。 2005年長門市,三隅町,日置町の1市2町と合体して長門市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油谷
ゆや

山口県北西端、大津郡にあった旧町名(油谷町(ちょう))。現在は長門(ながと)市の西部を占める地域。油谷湾を抱く玄武岩台地の向津具(むかつく)半島、大津平野、長門(ながと)山地の天井(てんじょう)ヶ岳北斜面からなる。旧油谷町は、1954年(昭和29)菱海(ひしかい)、宇津賀(うつが)、向津具の3村と日置(へき)村蔵小田(くらおだ)地区が合併して成立。2005年(平成17)長門市と合併。農林漁業を主要産業とする。北部の玄武岩台地は地すべり地帯で、溜池(ためいけ)の多い緩斜面に棚田(たなだ)が発達し、大津平野は北浦有数の米作地。油谷湾や日本海沿岸は一本釣りや敷網が盛んで、向津具半島の大浦(おおら)は海女(あま)漁業で有名。北東部の日本海沿岸は「竜宮の潮吹」(国指定天然記念物・名勝)とよばれる洞窟(どうくつ)などがあり、川尻(かわしり)岬、俵(たわら)島(国指定名勝・天然記念物)、油谷湾一帯とともに北長門海岸国定公園に指定。JR山陰本線、国道191号、491号が通じ、山陰本線人丸(ひとまる)駅周辺が地域の中心となっている。[三浦 肇]
『『油谷町史』(1990・油谷町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

油谷の関連キーワード長門山口県長門市通山口県長門市渋木山口県長門市俵山山口県長門市西深川山口県長門市日置上山口県長門市日置中山口県長門市真木山口県長門市三隅下山口県長門市三隅中

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

油谷の関連情報