上山(市)(読み)かみのやま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上山(市)
かみのやま

山形県南東郡、山形盆地の南部にある市。北を山形市と隣接する。1954年(昭和29)上山町と西郷(にしごう)、本庄(ほんじょう)、東(あずま)、宮生(みやおい)、中川の5村が合併して市制施行。1957年山元村を編入。市域東部は蔵王連峰(ざおうれんぽう)の西斜面にあたる山地で、ここを源流とする須川(すがわ)が前川を合流して市域中央部を北流し、小盆地を形成する。東部は蔵王国定公園に含まれる。西部は白鷹(しらたか)丘陵に属する丘陵性山地。JR山形新幹線・奥羽本線、国道13号が市域中央を南北に縦断する。国道348号、458号も通じる。2002年(平成14)東北中央自動車道の一部が開通、山形上山インターチェンジが設置された。中心地の上山は、上山藩(4万石~3万石)の城下町、羽州街道の宿場町として栄え、また中世以来温泉町としても発達した。市街地のほぼ中央部にある月岡公園は上山城(月岡城)跡で、その北側に旧湯鶴脛の湯(つるはぎのゆ)の温泉街、南側に新湯温泉街を形成している。市街地郊外には河崎、葉山、高松の温泉があり、蔵王エコーラインの入口にあたり、田園観光都市として整備されつつある。蔵王坊平にはキャンプ場やスキー場がつくられている。ほかに、1629年(寛永6)にこの地に配流された沢庵(たくあん)禅師を記念する春雨庵(はるさめあん)(県史跡)、金瓶(かながめ)出身の歌人斎藤茂吉(もきち)記念館、刀剣類を陳列した私設博物館の蟹仙(かいせん)洞、国の重要文化財の旧尾形家住宅(江戸中期の庄屋)、国指定史跡の羽州街道楢下宿・金山越(うしゅうかいどうならげしゅくかなやまごえ)などがある。農村部はかつての養蚕などにかわってブドウや干し柿(がき)で有名な関根カキなど果樹栽培が盛んである。面積240.93平方キロメートル(境界一部未定)、人口3万1569(2015)。[中川 重]
『『上山市史』全5巻(1974~1985・上山市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上山(市)の関連情報