コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下される クダサレル

2件 の用語解説(下されるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くださ・れる【下される】

[動ラ下一][文]くださ・る[ラ下二]《動詞「くだ(下)す」の未然形に助動詞「れる」が付いたものから》
《「れる」が尊敬の意の場合》「与える」「くれる」の尊敬語。「くださる」よりも敬意が強い。「校長先生がご褒美を―・れた」
《「れる」が受身の意の場合。上位者から与えられるというところから》「もらう」の謙譲語。いただく。
「経正御硯(すずり)―・れて」〈平家・七〉
補助動詞)「お」を伴った動詞の連用形、「ご(御)」を伴った漢語、また、動詞の連用形に接続助詞「て」を添えたものなどに付いて、その動作の主が恩恵を与える意を、恩恵を受ける者の立場から敬意を込めて表す。「ご出席―・れたくお願い申し上げます」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くだされる【下される】

( 動下一 ) [文] ラ下二 くださ・る 〔動詞「下す」に受け身・尊敬の助動詞「る」が付いたものから。今日では「下さる」よりやや敬意が強い〕
「与える」の尊敬語。お与えになる。下賜なさる。 「国王が温かいお言葉を-・れた」
〔「与えられる」 「下賜される」の意から〕 「もらう」の謙譲語。
いただく。頂戴する。 「経正御硯-・れて/平家 7
〔特に、飲食物をいただくの意で〕 「飲む」の謙譲語。 「いかに有おふ鬼共よ、かく珍らしき御酒一つ御前にて-・れて、客僧たちを慰めよ/御伽草子・酒吞童子」
(補助動詞) 動詞の連用形またはそれに「お」を冠した形や動詞の連用形に「て(で)」の付いた形に付いて、動作をする人に対して、その動作を受ける者の立場から敬意を表す。 「贈物お受取-・れ度/ふらんす物語 荷風」 「コノフネニノセ、九国くこくノ地エツケテ-・レイ/天草本平家 1」 「十介殿は私が命を助け-・れた/歌舞伎・阿波の鳴門」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下されるの関連情報