コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下される クダサレル

デジタル大辞泉の解説

くださ・れる【下される】

[動ラ下一][文]くださ・る[ラ下二]《動詞「くだ(下)す」の未然形に助動詞「れる」が付いたものから》
《「れる」が尊敬の意の場合》「与える」「くれる」の尊敬語。「くださる」よりも敬意が強い。「校長先生がご褒美を―・れた」
《「れる」が受身の意の場合。上位者から与えられるというところから》「もらう」の謙譲語。いただく。
「経正御硯(すずり)―・れて」〈平家・七〉
(補助動詞)「お」を伴った動詞の連用形、「ご(御)」を伴った漢語、また、動詞の連用形に接続助詞「て」を添えたものなどに付いて、その動作の主が恩恵を与える意を、恩恵を受ける者の立場から敬意を込めて表す。「ご出席―・れたくお願い申し上げます」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くだされる【下される】

( 動下一 ) [文] ラ下二 くださ・る 〔動詞「下す」に受け身・尊敬の助動詞「る」が付いたものから。今日では「下さる」よりやや敬意が強い〕
「与える」の尊敬語。お与えになる。下賜なさる。 「国王が温かいお言葉を-・れた」
〔「与えられる」 「下賜される」の意から〕 「もらう」の謙譲語。
いただく。頂戴する。 「経正御硯-・れて/平家 7
〔特に、飲食物をいただくの意で〕 「飲む」の謙譲語。 「いかに有おふ鬼共よ、かく珍らしき御酒一つ御前にて-・れて、客僧たちを慰めよ/御伽草子・酒吞童子」
(補助動詞) 動詞の連用形またはそれに「お」を冠した形や動詞の連用形に「て(で)」の付いた形に付いて、動作をする人に対して、その動作を受ける者の立場から敬意を表す。 「贈物お受取-・れ度/ふらんす物語 荷風」 「コノフネニノセ、九国くこくノ地エツケテ-・レイ/天草本平家 1」 「十介殿は私が命を助け-・れた/歌舞伎・阿波の鳴門」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下されるの関連キーワードアブドル・カディール カーン公選法違反事件の裁判の経過ノアの箱舟(ノアの方舟)ウィノナ ライダーターミナル・ケア損害賠償命令制度日本学生野球憲章赤い蝋燭と人魚再審無罪判決コロルゲート判例至上主義業務改善命令市場経済国認知の訴え公的扶助感情裁判禁色宣下法段階説再洗礼派三問三答

下されるの関連情報