コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賜る/給る タウバル

5件 の用語解説(賜る/給るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たうば・る【賜る/給る】

[動ラ四]とうば(賜)る

たまわ・る〔たまはる〕【賜る〔賜わる〕/給わる】

[動ラ五(四)]
「もらう」の意の謙譲語。目上の人から物などをいただく。ちょうだいする。「日ごろお客様からご愛顧を―・っております」
「禄ども、しなじなに―・り給ふ」〈・桐壺〉
「与える」の意の尊敬語。鎌倉時代以降の用法。目上の人が物などをくださる。「臣下に金一封を―・る」
神の許可を得て、通行を許してもらう。
「足柄(あしがら)のみ坂―・り顧みず我(あれ)は越(く)え行く」〈・四三七二〉
(補助動詞)動詞の連用形、また、それに「て」を添えた形に付いて用いる。
㋐「…てもらう」の意の謙譲語。…ていただく。
「まげて許し―・らん」〈徒然・八七〉
㋑「…てくれる」の意の尊敬語。鎌倉時代以降の用法。…てくださる。
「われをも舟に乗せて―・り候へ」〈謡・隅田川

たも・る【賜る/給る】

[動ラ四]《「たまはる」が転じた「たもうる」の音変化》
くださる。
「半分はみどもにも―・れ」〈虎明狂・連歌毘沙門〉
(補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、目下の者に対して丁寧に言う気持ちを表す。…てくださる。
「逢はせて―・れ」〈松の葉・一〉

とうば・る〔たうばる〕【賜る】

[動ラ四]《「たまわる」の音変化》たまわる。いただく。
「御返りはかならずあらむ。―・りてまうでこむ」〈宇津保・藤原の君〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうばる【賜る】

( 動四 )
〔「賜たまわる」の転〕
いただく。拝受する。 「御返りは必ずあらむ、-・りてまうで来む/宇津保 藤原君

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賜る/給るの関連キーワード承る奢る教わる負ぶさる御座らっしゃる存ずる拝送娶るおまら・す賜ばる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone