コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賜る/給る タウバル

デジタル大辞泉の解説

たうば・る【賜る/給る】

[動ラ四]とうば(賜)る

たまわ・る〔たまはる〕【賜る〔賜わる〕/給わる】

[動ラ五(四)]
「もらう」の意の謙譲語。目上の人から物などをいただく。ちょうだいする。「日ごろお客様からご愛顧を―・っております」
「禄ども、しなじなに―・り給ふ」〈・桐壺〉
「与える」の意の尊敬語。鎌倉時代以降の用法。目上の人が物などをくださる。「臣下に金一封を―・る」
神の許可を得て、通行を許してもらう。
「足柄(あしがら)のみ坂―・り顧みず我(あれ)は越(く)え行く」〈・四三七二〉
(補助動詞)動詞の連用形、また、それに「て」を添えた形に付いて用いる。
㋐「…てもらう」の意の謙譲語。…ていただく。
「まげて許し―・らん」〈徒然・八七〉
㋑「…てくれる」の意の尊敬語。鎌倉時代以降の用法。…てくださる。
「われをも舟に乗せて―・り候へ」〈謡・隅田川

たも・る【賜る/給る】

[動ラ四]《「たまはる」が転じた「たもうる」の音変化》
くださる。
「半分はみどもにも―・れ」〈虎明狂・連歌毘沙門〉
(補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、目下の者に対して丁寧に言う気持ちを表す。…てくださる。
「逢はせて―・れ」〈松の葉・一〉

とうば・る〔たうばる〕【賜る】

[動ラ四]《「たまわる」の音変化》たまわる。いただく。
「御返りはかならずあらむ。―・りてまうでこむ」〈宇津保・藤原の君〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうばる【賜る】

( 動四 )
〔「賜たまわる」の転〕
いただく。拝受する。 「御返りは必ずあらむ、-・りてまうで来む/宇津保 藤原君

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

賜る/給るの関連キーワード賜杯・賜盃上﨟の随身天の美禄御紋拝領甘栗の使補助動詞授かり物女王禄謙譲語畏くも菊花章林鳳岡任符賜氷高庇主殿大袿賜姓跪居親書

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android