コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貰う モラウ

デジタル大辞泉の解説

もら・う〔もらふ〕【×貰う】

[動ワ五(ハ四)]
贈られたり頼んだりして受け取り、自分のものとする。「金を―・う」「便りを―・う」「賞を―・う」「元気を―・う」「勇気を―・う」
頼んで手に入れる。得る。「許可を―・う」
嫁や婿などを迎える。「養子を―・う」「嫁に―・う」
仲裁を引き受ける。あずかる。「そのけんかはおれが―・った」
勝負事に勝つ。「この試合は―・った」
金を出して自分のものにする。買う。「このネクタイを―・おう」
望まないものを与えられる。「病気を―・う」
遊里で、他の客についている芸者・遊女を自分の方へ譲り受ける。
「座敷を―・った後のことは、何一つ覚えがなかった」〈秋声縮図
他人から食事などの世話を受ける。寄食する。
「人に雇はれ、縫ひ針とりては口は―・へど」〈読・春雨・宮木が塚〉
10 (補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて用いる。
㋐他人の好意などにより自分が利益を受ける。また、依頼してある行為をさせる。「医者に診て―・う」「本を読んで―・う」
㋑自分の行為などにより他人に利益をもたらす。「喜んで―・って私もうれしい」
㋒他人の行為により自分が迷惑を受ける。「土足で上がって―・っては困る」
[可能]もらえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もらう【貰う】

( 動五[四] )
他から与えられて自分のものとする。 「手紙を-・う」 「くれる物は何でも-・う」
受ける。 「許可を-・う」 「休暇を-・う」
人を自分の側に帰属させる。一員とする。 「嫁に-・う」 「我がチームに-・いたい選手だ」
引き受ける。あずかる。 「その喧嘩けんかはおれが-・った」 「お命-・います」
(自分の責任でないものを)押しつけられる。 「風邪を-・ってきた」
獲得して自分のものとする。 「この試合は-・った(=勝ツ)」 「これを-・おう(=買ウ)」
他人に寄食する。 「人にやとはれ、ぬひ針とりて口は-・へど/読本・春雨 宮木が塚
遊里で、客についている芸者・遊女を譲り受ける。 「梅川殿は宵の口嶋屋を-・ふていなれたげな/浄瑠璃・冥途の飛脚
(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て(で)」を添えた形に付く。
他人の好意により、または自分から依頼して行われた行為によって自らが利益を受ける意を表す。また、単に、依頼して他人に行為をさせる意を表す。 「医者にみて-・う」 「植木屋さんに庭の手入れをして-・う」 「隣のお姉さんに遊んで-・う」
自分の好意により、または他人の依頼によって自分の行なった行為が他人に利益をもたらす意を表す。 「今度の企画はみなさんにも喜んで-・うことができると思う」
他人の行なった行為によって、自らが迷惑を受ける意を表す。 「無断で入って-・っちゃ困るな」
ねだる。 「ひざをかがめて魚を-・ひ/平家 3
[可能] もらえる
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

貰うの関連キーワードハネムーンはモンテカルロで富士松 薩摩掾(2代目)リスト・エンハンスメント命・卜・相・医・山貰う物は夏も小袖杯・盃・巵・盞羽田 健太郎廣田トモユキシェービング中江兆民補助動詞余所余所暇・閑真船豊貰い乳使い賃自裁土足包め当世

貰うの関連情報