コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下津[町] しもつ

百科事典マイペディアの解説

下津[町]【しもつ】

和歌山県北西部,海草(かいそう)郡の旧町。中心は紀伊水道に臨み紀勢本線が通じる下津港で,良湾のため昭和初期から石油基地として発展。和歌山港とともに特定重要港湾和歌山下津港に指定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもつ【下津[町]】

和歌山県北西部,海草郡の町。人口1万5439(1995)。西は紀伊水道に面し,三方は紀伊山地に囲まれる。リアス式海岸をなす下津湾は天然の良港で,大崎,下津,塩津の各港は近世には江戸航路の中継基地,避難港であった。1938年丸善石油,翌39年東燃の石油精製工場が設立されて下津は石油の町となり,48年には重要港湾の指定を受け,現在は県北部臨海工業地帯の中枢をなす。また古くからミカンの産地として知られ,山の斜面はミカン畑でおおわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の下津[町]の言及

【和歌山[県]】より

… 県内の近代的大工場の大部分は県北の臨海部に立地し,阪神工業地帯の南縁部を形成する。その立地要因の一つになったものは,天然の良港である下津港で,これを背景に1938年に丸善石油(現,コスモ石油),41年に東亜燃料(現,東燃)がそれぞれ立地した。また和歌山市の紀ノ川河口北岸には1942年に住友金属,臨海部に花王石鹼(現,花王)が立地し,翌43年には三菱電機が操業を開始した。…

※「下津[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下津[町]の関連情報