コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下津 しもつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下津
しもつ

和歌山県北西部,海南市南西部の旧町域。紀伊水道に臨む。1938年町制。1955年大崎町,塩津村,加茂村,仁義村と合体。2005年海南市と合体した。沿岸はリアス海岸下津港,塩津港,大崎港などの港があり,古くからミカンの積出港であった。大崎は万葉時代から知られ,江戸時代には廻船問屋が立地して繁栄。1910年代は塩津が紀州航路の中継地となり,1924年の紀勢西線の開通により,中心は紀国屋文左衛門の船出の地といわれる下津港に移った。ミカンの産地として知られるが,1939年から石油精製工場が進出,隣接する有田市初島とともに石油化学工業地域を形成。国際拠点港湾の和歌山下津港の主要港で,造船,石油化学工場もある。丘陵部には紀州徳川氏の菩提寺である長保寺があり,歴代藩主の墓所は国の史跡,本堂,多宝塔,大門は国宝に指定されている。北部梅田には天台宗の寺善福院があり釈迦堂は国宝。また北部藤白峠には地蔵峰寺の古刹がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

下津【おりづ】

尾張国中島郡の地名で,現在の愛知県稲沢市の五条川・青木川沿いにある。折津・折戸とも記される。古来からの交通の要地で,《源平盛衰記》には下津宿がみえている。鎌倉時代以降は黒田(くろだ)(愛知県一宮市木曾川町)と萱津(かやづ)(現,愛知県あま市)の間の鎌倉街道の宿駅で,渡・町屋・市があり,特に市は五日市や国衙(こくが)職を持つ醍醐寺三宝院支配下の国衙下津市が立てられていた。
→関連項目清洲城

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おりづ【下津】

尾張国中島郡(現,愛知県稲沢市)内の地名。尾張平野の中央部,五条川沿いに位置する。古代の国衙所在地とする説もある。中世には,伊勢内宮領下津御厨(みくりや)があった。源平合戦や南北朝内乱などの戦場となったが,一方,鎌倉街道の発達とともに,墨俣(すのまた)と萱津(かやづ)の中継地として下津宿がさかえ,当時の紀行文には下津渡や馬市もみえる。14世紀の史料には,下津五日市や,京都醍醐寺三宝院(国衙職を領有)を領主とする国衙下津市がみえ,室町時代に下津は国衙領として三宝院の支配下にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しもつ【下津】

和歌山県北西部、海南市の地名。紀伊水道に面し、下津港は石油の基地。有田ミカンの産地。長保寺は紀伊徳川氏の菩提寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下津
しもつ

和歌山県北西部、紀伊水道に面する海草(かいそう)郡にあった旧町名(下津町(ちょう))。現在は海南市の西部を占める地域。旧下津町は、1938年(昭和13)浜中(はまなか)村が町制を施行して下津町となり、1955年(昭和30)大崎(おおさき)町と仁義(にんぎ)、加茂、塩津の3村と合併。2005年(平成17)海南市に合併した。JR紀勢本線(きのくに線)、国道42号、480号が通じ、阪和自動車道下津インターチェンジがある。中世の浜中荘(しょう)のなかで下津浦を中心に発達した地なので下津町という。西部はリアス式海岸で、下津、大崎、塩津などの良港がある。下津湾口の大崎は『万葉集』にも詠まれた港で、江戸期は廻船(かいせん)の港として栄えた。塩津も廻船港で、現在は漁港となっている。下津湾頭の下津は1939年に丸善石油(現、コスモ石油)、東亜燃料(現、東燃ゼネラル石油)の精油工場立地により石油港湾として整備され、現在は国際拠点港湾和歌山下津港の主要港となっている。その後、丸善石油は撤退し、跡地には橋梁(きょうりょう)・鉄骨メーカーが進出している。地域は有田(ありだ)ミカンの主産地で、橘本(きつもと)にはミカンの祖神とされる橘本神社がある。長保寺には、紀伊藩主の墓所(国の史跡)があり、本堂、大門、多宝塔など鎌倉時代の文化財(国宝)も多い。善福院釈迦堂(しゃかどう)は鎌倉時代の国宝建造物。[小池洋一]
『『下津町史』全4冊(1964~1977・下津町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

下津の関連キーワード和歌山藩主徳川家墓所直立浮上式津波防波堤茨城県鹿嶋市下津大崎(和歌山県)省農薬ミカン園和歌山県海南市八木(奈良県)しもつみかん木村八郎太夫下田[温泉]駅長猫ホトフひかえおろう岩本 栄之助橿原(市)向原[町]下津〈町〉海南(市)有田ミカン下津[町]横井小楠

下津の関連情報