コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下館[市] しもだて

百科事典マイペディアの解説

下館[市]【しもだて】

茨城県西部の旧市。1954年市制。鬼怒川小貝川の間にある。中心市街は近世石川氏の城下町で,真岡(もおか)木綿集散地として栄え,明治以後は足袋底織が興り,近年まで全国市場をほぼ独占した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもだて【下館[市]】

茨城県西部の市。1954年市制。人口6万6062(1995)。北と西は栃木県に接する。常陸台地の北部を占め,小貝川,五行(ごぎよう)(勤行(ごんぎよう))川,鬼怒川が開析する沖積地が南北方向に帯状につらなる。平安時代初期,平将門の乱に際し,藤原秀郷(ひでさと)が築いた上館,中館,下館が地名の由来と伝えられる。伊佐荘中村(現,中館)は奥州伊達氏故地といわれ,南北朝期には伊佐城が南朝の拠点となった。戦国期から江戸初期は水谷(みずのや)氏,江戸中期以降は石川氏が支配,城下町として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下館[市]の関連キーワード真岡木綿

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下館[市]の関連情報