コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下館[市] しもだて

2件 の用語解説(下館[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

下館[市]【しもだて】

茨城県西部の旧市。1954年市制。鬼怒川小貝川の間にある。中心市街は近世石川氏の城下町で,真岡(もおか)木綿の集散地として栄え,明治以後は足袋底織が興り,近年まで全国市場をほぼ独占した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しもだて【下館[市]】

茨城県西部の市。1954年市制。人口6万6062(1995)。北と西は栃木県に接する。常陸台地の北部を占め,小貝川,五行(ごぎよう)(勤行(ごんぎよう))川,鬼怒川が開析する沖積地が南北方向に帯状につらなる。平安時代初期,平将門の乱に際し,藤原秀郷(ひでさと)が築いた上館,中館,下館が地名の由来と伝えられる。伊佐荘中村(現,中館)は奥州伊達氏の故地といわれ,南北朝期には伊佐城が南朝の拠点となった。戦国期から江戸初期は水谷(みずのや)氏,江戸中期以降は石川氏が支配,城下町として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下館[市]の関連キーワード牛久津島大洲京田辺御坊下妻筑西結城米子鹿嶋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone