コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下館[市] しもだて

百科事典マイペディアの解説

下館[市]【しもだて】

茨城県西部の旧市。1954年市制。鬼怒川小貝川の間にある。中心市街は近世石川氏の城下町で,真岡(もおか)木綿集散地として栄え,明治以後は足袋底織が興り,近年まで全国市場をほぼ独占した。製菓,製粉などの食品工業のほか,市西部には工業団地が造成され,通信機,コンクリートなどの工場も進出。水戸線真岡鉄道関東鉄道常総線の分岐点で,1990年代には市街地の整備も進み,県西部の商業の中心をなす。周辺は県内では代表的な水田地帯であるが,都市近郊型農業への転換も進展している。2005年3月真壁郡関城町,明野町,協和町と合併し市制,筑西市となる。86.25km2。6万5345人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもだて【下館[市]】

茨城県西部の市。1954年市制。人口6万6062(1995)。北と西は栃木県に接する。常陸台地の北部を占め,小貝川,五行(ごぎよう)(勤行(ごんぎよう))川,鬼怒川が開析する沖積地が南北方向に帯状につらなる。平安時代初期,平将門の乱に際し,藤原秀郷(ひでさと)が築いた上館,中館,下館が地名の由来と伝えられる。伊佐荘中村(現,中館)は奥州伊達氏故地といわれ,南北朝期には伊佐城が南朝の拠点となった。戦国期から江戸初期は水谷(みずのや)氏,江戸中期以降は石川氏が支配,城下町として発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

下館[市]の関連キーワード真岡木綿明野町協和町筑西市

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android