他事(読み)たじ

精選版 日本国語大辞典「他事」の解説

た‐じ【他事】

〘名〙 ほかのこと。よそごと。余事(よじ)
※東寺百合文書‐ほ・天承元年(1131)五月二六日・左大史小槻政重請文「他事追可令啓候」 〔史記‐武安侯〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「他事」の解説

た‐じ【他事】

ほかのこと。その人に関係のないこと。余事。よそごと。
[類語]つかぬこと事物事象物事現象出来事余事余所よそ他人事人事ひとごと雑事諸事事件時事事柄事故異変大変急変変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと用事珍事不祥事アクシデントハプニングセンセーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「他事」の解説

【他事】たじ

余事。を詠じて張籍に贈る〕 賞玩、他事を捐(す)て 歌謠、我が才を放(ほしいまま)にす

字通「他」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android