他事(読み)タジ

デジタル大辞泉 「他事」の意味・読み・例文・類語

た‐じ【他事】

ほかのこと。その人に関係のないこと。余事。よそごと。
[類語]つかぬこと事物事象物事現象出来事余事余所よそ他人事人事ひとごと雑事諸事事件時事事柄事故異変大変急変変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと用事珍事不祥事アクシデントハプニングセンセーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「他事」の意味・読み・例文・類語

あだ‐わざ【他事・徒業】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ほかのこと。つまらないむだなこと。
    1. [初出の実例]「念仏よりほかのあだわざなせそと、はしたなめられしかば」(出典:源氏物語(1001‐14頃)手習)
  3. ( まじめなことに対して ) 浮いたこと。浮気
    1. [初出の実例]「女君のうちとけ給へるを見て、むべなりけり、君のあだわざをし給はぬはと思ふ」(出典:落窪物語(10C後)二)

た‐じ【他事】

  1. 〘 名詞 〙 ほかのこと。よそごと。余事(よじ)
    1. [初出の実例]「他事追可令啓候」(出典:東寺百合文書‐ほ・天承元年(1131)五月二六日・左大史小槻政重請文)
    2. [その他の文献]〔史記‐武安侯〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「他事」の読み・字形・画数・意味

【他事】たじ

余事。唐・韓〔雪を詠じて張籍に贈る〕詩 賞玩、他事を捐(す)て 歌謠、我が才を放(ほしいまま)にす

字通「他」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android