コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸租田 ゆそでん

百科事典マイペディアの解説

輸租田【ゆそでん】

律令制で口分田(くぶんでん)・位田・賜田(しでん)・墾田など,私的用益を許して租を徴収した田。これに対し,勅旨田(ちょくしでん)・官田神田寺田など,国家の用に供する田は不輸租田,また本来は輸租田でも現在は特定の用益者のない乗田(じょうでん)・無主位田・未授賜田などは,民間に耕作に出して地子(じし)を徴収し,輸地子田と呼んだ。律令制がくずれ班田収授が行われなくなると,輸租田の用益権は占有権に変わり,不輸の権利を得て,不輸租田とともに荘園化した。
→関連項目官省符荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆそでん【輸租田】

田租を国家に納める田地。令の規定によると,田租は1段あたり2束2把(不成斤)である。706年(慶雲3)格で1束5把(成斤)に改めたが,度量衡の違いなので実質的には同じである。稲の収穫期に応じて,9~11月に国衙に納入する。国衙では永年の備蓄にあてがわれた。律令制時代の田地は,田租を納める輸租田と,納めない不輸租田,そして地子を納める輸地子田(乗田,無主田,収公田など)の3種類に区分できる。輸租田,不輸租田の区別は時期によって少し異なるが,口分田位田功田賜田,郡司職田,国造田と墾田が輸租田,職田公廨(くがい)田駅田(駅起田),官田(屯田)と寺田神田(大宝令の注釈書の古記は輸租田とするが,田租は本主の寺社に納める)が不輸租田である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆそでん【輸租田】

律令制で、田租を国家に納める義務のある田。口分田・位田・功田・郡司職分田など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸租田
ゆそでん

律令(りつりょう)制下で田租の納入を課せられた水田。律令制下の各種水田は、その田地への課税の有無によって、輸租田(田租を納める田)、不輸租・輸地子(ゆじし)田(田租のかわりに地子を納める田。乗田(じょうでん)など)、不輸租田(田租を納めない田。官田、神田、寺田など)の三種類に分類された。
 輸租田とされたのは口分田(くぶんでん)、位田(いでん)、功田、賜田、墾田、郡司職田(ぐんじしきでん)(職分田)などである(田租率は上田で収穫の約3%)。律令国家においては、田租はすべて国家に帰属するという意識が存在していたが、そのうえで輸租・不輸租の別を設けたことについては、田租が国家(現実には地方統治機関としての国衙(こくが))の一般財政のなかに繰り入れられる場合、その田種を輸租田、田租・地子などが国家の特定の使途に供せられる場合、その田種を不輸租田とした、という推定がなされている。[村山光一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

輸租田の関連キーワード不堪佃田国写田菊万荘雑色田職写田諸司田放生田健児田惸独田賙急田節婦田射田易田

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android