コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不退寺(読み)ふたいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不退寺
ふたいじ

奈良市法蓮寺町にある真言律宗の寺。正式名は不退転法輪寺,通称は在原寺,業平寺。以前は萱御所と称された平城天皇の離宮であったが,承和 14 (847) 年に在原業平が天皇の命により寺とした。本尊は在原業平の刻と伝えられる観音像。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

不退寺

奈良県奈良市にある真言律宗の寺院、金龍山不退転法輪寺の通称。寺伝では847年、在原業平が自身が刻んだ聖観音像を本尊として開基したとされ、業平寺とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふたいじ【不退寺】

奈良市法蓮町にある真言律宗の寺。山号は金竜山。現伽藍地は旧平城右京一条四坊の一・二坪に相当する。寺伝によれば,正式には不退転法輪寺と称し,847年(承和14)在原業平が,平城天皇の〈萱の御所〉跡に創建したという。《三代実録》貞観2年(860)10月の条に,平城旧京の水田55町余を不退・超昇両寺に施入したとあるのが初見である。超昇寺は平城天皇の皇子高丘(岳)親王(真如)が天皇の菩提を追修して建立した寺で,不退寺は高丘親王の弟阿保親王,その子業平に伝領された仮御所を寺としたもので,ともに平城上皇の菩提を祈る寺といえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふたいじ【不退寺】

奈良市法蓮町にある真言律宗の寺。山号、金竜山。847年平城天皇の離宮萱かやの御所を孫の在原業平が寺として開創。本尊聖観世音菩薩像は業平自作と伝える。南都十五大寺の一。不退転法輪寺。在原寺。業平寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不退寺
ふたいじ

奈良市法蓮(ほうれん)町にある真言(しんごん)律宗の寺。正しくは不退転法輪寺(ふたいてんぽうりんじ)、通称業平寺(なりひらでら)という。山号は金竜(きんりゅう)山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。寺伝によれば、この地はもと平城(へいぜい)天皇の萱(かや)の御所(ごしょ)で、その孫にあたる在原業平(ありわらのなりひら)が仁明(にんみょう)天皇の命により自作の聖観音像を安置して、847年(承和14)に寺を開創したといわれている。860年(貞観2)に清和(せいわ)天皇が水田を施入して保護している。その後の沿革は不明だが、境内には室町初期建立の本堂、正和(しょうわ)6年(1317)建立墨書銘をもつ南門(切妻造の四脚門)、同じころ建立と推定される多宝塔など国重要文化財がある。木造聖観音立像、同五大明王像(ともに国重文)などの寺宝がある。[水谷 類]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android