コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木五瓶(3代) なみき ごへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並木五瓶(3代) なみき-ごへい

1789-1855 江戸時代後期の歌舞伎作者。
寛政元年生まれ。2代並木五瓶の門人で,はじめ篠田惣六と名のった。文政7年2代篠田金治をつぎ江戸で活躍。天保(てんぽう)4年3代並木五瓶を襲名,立作者格となる。3代尾上菊五郎や5代市川海老蔵(えびぞう)の作品をかいた。安政2年10月14日死去。67歳。江戸出身。通称は因幡屋(いなばや)小半次。別号に並木舎。作品に「勧進帳(かんじんちょう)」「当平家世盛」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

並木五瓶(3代)

没年:安政2.10.14(1855.11.23)
生年:寛政1(1789)
江戸後期の歌舞伎狂言作者。別号並木舎。初代篠田金治(2代目並木五瓶)の門弟。はじめ篠田惣六と称して旅芝居の作者を勤めたが,文政2(1819)年,師の死去にともない2代目篠田金治を継いで江戸で活躍した。天保3(1832)年に3代目五瓶を襲名し,立作者格となる。同9年から5代目市川海老蔵(のちの7代目団十郎)付きの作者として活躍し,同11年の「勧進帳」は今なお上演の多い作品である。同年上方へ上り,3代目尾上菊五郎のために執筆し,この関係は江戸へ戻ってからも続いた。嘉永年間(1848~54)に上方へ上り,江戸追放になっていた海老蔵の作者になっていたが,その後江戸へ戻って没した。実子が4代目を継ぎ,歌舞伎台帳の蒐集整理に努めたことで知られている。

(北川博子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

並木五瓶(3代)の関連キーワード近松徳三(近松徳叟)沢村宗十郎(3世)篠田金治(3代)篠田金治(2代)篠田金治(初代)並木五瓶(2代)並木五瓶(4代)けいせい倭荘子天満宮菜種御供並木正三一代噺漢人韓文手管始隅田春妓女容性韓人漢文手管始おまん源五兵衛富岡恋山開船遊亭扇橋杜若艶色紫盟三五大切金門五三桐金門五山桐

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android