コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津[村] なかつ

世界大百科事典 第2版の解説

なかつ【中津[村]】

和歌山県中央部,日高郡の村。人口2504(1995)。紀伊山地西縁の白馬(しらま)山脈中にあって,中央を日高川が流れる。日高川の本支流沿いにわずかの低地があり,集落が点在する。江戸時代,船津は日高川舟運の中継地であった。農林業が基幹産業で,かんきつ類,イチゴ,野菜の栽培,養豚が行われる。日高川は蛇行が著しく,頸状部には湾曲による水位差を利用した発電所がある。【上田 雅子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

中津[村]の関連キーワードナウキャストバナー広告顕微鏡高速鉄道公訴時効敷布造血薬超高速鉄道ブタメチルドパ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android