コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中辺路[町] なかへち

2件 の用語解説(中辺路[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

中辺路[町]【なかへち】

和歌山県中部,西牟婁(にしむろ)郡の旧町。奈良県境の果無(はてなし)山脈に続く山地を占め,富田(とんだ)川上流の河谷に通じる熊野街道中辺路(なかへじ))に沿って小集落が点在。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかへち【中辺路[町]】

和歌山県中部,西牟婁(にしむろ)郡の町。人口3863(1995)。紀伊半島南部に位置し,紀伊山地南縁の果無(はてなし)山脈南斜面を占める。富田(とんだ)川と日置(ひき)川沿いにわずかな低地があり,集落が点在する。平安時代より熊野詣での重要ルートであった熊野街道中辺路(なかへじ)が通じており,現在,〈歴史の道熊野古道中辺路〉として整備され,それに並行して国道311号線が通る。農林業が基幹産業で,良質の杉,ヒノキ材を産出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中辺路[町]の関連キーワード熊野白浜那智日高川和歌山県串本円月島牟婁志原海岸なち