コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揺蕩う/猶予う タユタウ

3件 の用語解説(揺蕩う/猶予うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たゆた・う〔たゆたふ〕【揺蕩う/猶予う】

[動ワ五(ハ四)]
ゆらゆらと揺れ動いて定まらない。「波間に小舟が―・う」
気持ちが定まらずためらう。心を決めかねる。
「強悪非道の曲物(くせもの)も女と見て少し―・う内に」〈鉄腸・花間鶯〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たゆたう【揺蕩う】

( 動五[四] )
物がゆらゆら動いて定まらない。ただよう。 「波間に-・う小舟」
心が動揺する。ためらう。 「父はあまりの事に、しばし-・ひしが/うたかたの記 鷗外」 「今は逢はじと-・ひぬらし/万葉集 542」 〔終止形・連体形は「たゆとう」とも発音される〕

たゆとう【揺蕩う】

( 動五[四] )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone