コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間ドック にんげんドック

6件 の用語解説(人間ドックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間ドック
にんげんドック

表面的にみて身体に異常や故障のない,いわゆる健康人を対象に,その健康度の判定,および潜在的な病気の早期発見を目的にして,短期間に行う総合的な検診。血液,尿など一般の検査のほかに,消化管のX線撮影,直腸鏡検査,泌尿器科や婦人科の検査も行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にんげん‐ドック【人間ドック】

健康状態を総合的に精密検査するための短期間の入院。船体点検のドック入りになぞらえたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

人間ドック【にんげんドック】

病気の早期発見や健康指導を目的として,全身の臓器および器官について,総合的な精密検診を行うこと。船のドック入りにたとえてこう呼ぶ。おもに中年以上の人を対象とし,一定のプランに従い各科の専門医が診察・検査を行う。
→関連項目専門人間ドック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にんげんドック【人間ドック】

壮年期,老年期にある人で,日常生活を支障なく送っている人を対象として,短期間に全身の総合的な健康診断を,主として入院によって行い,本人の健康状態を評価,把握し,その後の生活における健康面での指導を行う総合健康診断のこと。おもな目的は,自覚されていない各種の慢性疾患,とくにいわゆる成人病を早期に発見することと,老化に伴う心身の機能の低下の度合を判定し,健康保持の方針を確立することである。 船舶が航海中の安全を期するために,定期的に入港,ドック入りして詳しい点検をすることと類似することから,この名で呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にんげんドック【人間ドック】

主として生活習慣病の早期発見と心・肝・腎・肺などのはたらきの検査を目的として、外来または短期間入院により行う精密な健康診断。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人間ドック
にんげんどっく

短期間に集中して行う全身の総合的な健康診断をいう。対象者は、なんらかの自覚症状があるために受診することもあるが、多くは、まったく自覚症状がない状態で受診する。「ドック」の語は、航海を終えた船舶がエンジンや船体の異常をチェックし、必要な修理を受ける「船舶ドック」から転用されたものである。人間も、肉体的・精神的に多忙な日常生活を過ごす間に生じてくる身体異常を、自覚症状の有無にかかわらずチェックする必要があるという主旨から、1954年(昭和29)国立東京第一病院に最初の人間ドックが開設された。以来、人間ドックは各地の病院に広く普及している。従来からある企業や学校単位での健康診断は、結核の早期発見が主目的であった。しかし、最近では、狭心症心筋梗塞(こうそく)・脳卒中などの循環器疾患、胃・十二指腸潰瘍(かいよう)・肝炎・肝硬変などの消化器疾患、糖尿病・痛風(つうふう)・脂質異常症などの代謝性疾患、胃癌(がん)・大腸癌・肺癌・乳癌・子宮癌などの悪性腫瘍(しゅよう)といった、いわゆる生活習慣病(成人病)が注目されるようになってきている。今日の人間ドックがもつもっとも大きな目的は、これら疾患の早期発見にある。こうした内容の変化とともに、対象とする人々も変わってきた。すなわち、これまでの健康診断の対象者は、企業の従業員や学校の学生・生徒に限られていたが、人間ドックの場合、その対象者は、組織に属していない一般の人々にまで広げられたわけである。しかし、人間ドックは病気の治療を目的としていないため、健康保険の適用はなく、一部健康保険団体、企業、市町村よりの助成制度があるが、すべて自己負担となる。このため、従来は1週間程度の入院を必要としたが、最近では、時間的・経済的に縮小した1泊ないし2泊の短期入院ドックや外来ドックが主となっている。[木村和文]

検査項目

人間ドックで行われる検査項目は、病院の規模の大小や、期間の長短などにより若干の違いはあるが、基本的には大差はない。一般的な問診(既往歴・生活歴・職業歴・家族歴・最近の身体状況など)、内科診察(打診・聴診・触診・視診など)のほかに、次のような身体各臓器の系統的な検査を行う。
(1)呼吸器系 胸部レントゲン写真(正面像・側面像)で、結核、癌などの病変の有無を調べる。さらに必要ならば、喀痰(かくたん)を採取し、結核菌などの病原菌の有無や、癌細胞の発見を目的として病理組織学的検査を行う。呼吸機能検査では、肺活量、1秒率(最大吸気から最初の1秒間に吐き出される気量の割合)などを測定する。
(2)心・脳・血管系 血圧測定は、通常の坐位(ざい)血圧のほか、臥位(がい)や立位で測定することもある。これは、体位による血圧の異常な変動がないかどうかをチェックするためである。心電図は、安静時心電図のほかに、トレッドミルなどで運動負荷をかけ、不整脈や狭心症の有無をチェックする。また、胸部・腹部レントゲン写真から、心・大血管系の大きさ・形の異常(心肥大など)、石灰化(動脈硬化による石灰沈着)の有無を調べる。脳については、頭部のCTスキャン、MRI検査、MRA検査、脳波検査などを行う。また、眼底撮影により細動脈硬化などの変化を観察する。
(3)腎(じん)・尿路系 尿検査では、タンパク・糖の有無を調べる。また、遠心分離した沈渣(ちんさ)(遠心分離機にかけ、上澄みを除いたあとに残るもの)を顕微鏡で観察し、白血球、赤血球、円柱(腎尿細管内でできる凝固物質)、細菌などの病的成分の有無を調べ、腎疾患や糖尿病などのスクリーニング(選別)を行う。また、腎臓の尿濃縮力試験、PSP(フェノールスルホンフタレイン)色素排泄(はいせつ)試験、血液検査(ナトリウム、カリウム、塩素、尿素窒素、クレアチニン濃度など)を実施して、腎機能の評価を行う。
(4)消化管系 食道・胃・十二指腸は、バリウムによる造影検査を行い、必要なら、ファイバースコープにより、粘膜の性状、とくに潰瘍・癌の有無を調べる。小腸・大腸など下部消化管については、まず糞便(ふんべん)の潜血検査を行い、陽性の場合は、注腸造影、大腸ファイバースコープなどの検査を行う。
(5)肝臓・胆嚢(たんのう)・膵臓(すいぞう) 主として血液化学検査(総タンパク、アルブミン、グロブリン、ビリルビン、GOT、GPT、LDH、ALP、γ‐GTP、ZTT、アミラーゼなど)となるが、ほかにB型・C型肝炎ウイルスの有無、胆嚢造影による胆石の有無なども調べる。腹部超音波エコー検査も行われ、必要により腹部CTスキャンを用いることもある。
(6)糖尿病・痛風などの代謝性疾患 空腹時血糖、HbA1c測定や、50~100グラムのブドウ糖負荷試験を行って、耐糖能異常の有無を調べる。また、血中の尿酸値の検査から、痛風のもととなる高尿酸血症の有無がチェックされるほか、血清脂質(コレステロール、中性脂肪など)を調べて、脂質異常症の有無もチェックされる。
(7)血液疾患など 赤血球数・血色素濃度・ヘマトクリット(赤血球容積率)によって貧血症の有無を、白血球数・百分比(顆粒(かりゅう)球・リンパ球・単核球など白血球の種類別の存在割合)・血沈によって感染症、各種血液疾患の有無をチェックする。また、各種血清反応により梅毒、膠原(こうげん)病などの有無も調べる。
(8)その他 外科では直腸肛門(こうもん)診、マンモグラフィーによる乳癌検診を、婦人科では子宮癌検診を中心とした診察を行う。また、必要に応じて眼科、耳鼻咽喉(いんこう)科などの診察を行う。
 これらの全身的な診察・検査の結果は、退院時、または指定された日に、担当医より受診者に説明される。もし、異常が発見された場合には、今後の生活において注意すべき点が指示される。場合によっては、より詳しい検査や治療が必要となり、専門医に紹介されることもある。[木村和文]
『人間ドック年鑑編集委員会編『人間ドック年鑑2000』(2000・ドクターフォーラム出版会、星雲社発売) ▽日野原重明監修、田村政紀・田嶋基男編『人間ドックマニュアル――健康評価と指導のポイント』第3版(2003・医学書院) ▽日野原重明監修、小川哲平・猿田享男・田村政紀編著『健診・人間ドックハンドブック』(2004・中外医学社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人間ドックの関連キーワード壮年期地形段階の法則老年医学老年期老年期地形年期小作路上生活者幼年期老年精神医学老年精神病

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人間ドックの関連情報