何時かは(読み)イツカハ

  • いつか
  • 何=時かは
  • 何時か

デジタル大辞泉の解説

[副]
(「いつか」を強めた気持ちで)将来の事に対する、かなり確かな推量・意志を表す。そのうち、きっと。いずれ必ず。「何時かは社長のいすに座るだろう」「人間は何時かは死ぬものだ」
疑問を表す。いつ。
「忍び音を―聞かむけふも過ぎなば」〈和泉式部日記
反語を表す。いつ…か。
「忘られてしばしまどろむ程もなく―君を夢ならでみむ」〈拾遺・哀傷〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① いつ…したであろうか。いつ…するだろうか。反語を表わすことが多い。
※古今(905‐914)雑下・九七九「君をのみ思ひこしぢの白山はいつかは雪の消ゆる時ある〈宗岳大頼〉」
② いつかそのうちに。いつのまにか。
※浄瑠璃・生写朝顔話(1832)宿屋の段「又も都を迷ひ出、いつかは廻りあふ坂の関路を跡に近江路や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android