コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今に イマニ

デジタル大辞泉の解説

いま‐に【今に】

[副]
近い将来に関する推量または決意を表す。そのうち。いずれ必ず。「この空では今に雨が降る」「今にやっつけてやる」
(多くあとに打消しの語を伴って用いる)以前の事柄が今に至るまで変わらないさま。今もなお。いまだに。
「考え続けて居るが―少しも解決の手掛が出来ぬ」〈子規・墨汁一滴〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いまに【今に】

( 副 )
近い将来に確実に実現すると思われるさま。そのうち。 「 -わかるだろう」 「 -見ていろ」
今になってもなお。いまだに。下に打ち消しの語を伴うことが多い。 「 -、その恩忘れ侍らねど/源氏 帚木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今にの関連キーワードチャールズ・L. フォントネイアレクサンデル[3世]泣き出しそうな空模様風雲急を告げる伸びる・延びる朝謡は貧乏の相大きな目にあう山田のそほど命旦夕に迫るおろおろ声松村理兵衛後白河天皇ちょっきり至る・到る織田有楽斎葡萄茶式部加藤卓男楠木正行玉の小櫛今にして

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今にの関連情報