コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軈て/頓て ヤガテ

2件 の用語解説(軈て/頓ての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やがて【×軈て/頓て】

[副]
あまり時間や日数がたたないうちに、ある事が起こるさま、また、ある事態になるさま。そのうちに。まもなく。じきに。「―日が暮れる」「東京へ出てから、―三年になる」
それにほかならない。まさに。とりもなおさず。
「自尊の念は―人間を支持しているもので」〈露伴・プラクリチ〉
そのまま。引き続いて。
「山の仕事をして、―食べる弁当が」〈左千夫野菊の墓
「(道真ガ大宰府ニ流サレテ)―かしこにてうせ給へる」〈大鏡・時平〉
時を移さず。ただちに。すぐさま。
「―具して宮に帰りて后に立てむ」〈今昔・三一・三三〉
[補説]「軈」は国字。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やがて【軈て】

( 副 )
しばらく時間が経過すると、その事態に至るさま。そのうち。 「 -風も強まるでしょう」 「 -戻ります」
(時間・年月を表す語を伴う)はっきりとどれくらいかはいえないが、それに近いさま。もう。かれこれ。だいたい。 「最後に会ってから-一年になる」
いつとはわからないが、将来においては実現すると予測するさま。事の行き着くところ。結局。 「日々の努力が-実を結ぶ」
引き続き。続けてそのまま。 「薬も食はず。-起きもあがらで病みふせり/竹取」
すぐに。ただちに。 「名を聞くより-面影は推しはからるる心地するを/徒然 71
(空間的に)変わることなくそのまま。異なることなく一面に。 「牛は額はいと小さく白みたるが、腹の下・足・尾の筋などは-白き/枕草子 51
ほかでもなく。まさに。 「衣河の尻-海の如し/今昔 25」 〔ある事態が引き続くなかで次の事態が起こるさまを表すが原義。平安時代以降の和文に多く見える語。の意では漢文訓読では「すなわち」が用いられた。「軈」は国字で、ある物事にすぐ適応させる意の会意文字〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone