コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軈て/頓て ヤガテ

2件 の用語解説(軈て/頓ての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やがて【×軈て/頓て】

[副]
あまり時間や日数がたたないうちに、ある事が起こるさま、また、ある事態になるさま。そのうちに。まもなく。じきに。「―日が暮れる」「東京へ出てから、―三年になる」
それにほかならない。まさに。とりもなおさず。
「自尊の念は―人間を支持しているもので」〈露伴・プラクリチ〉
そのまま。引き続いて。
「山の仕事をして、―食べる弁当が」〈左千夫野菊の墓
「(道真ガ大宰府ニ流サレテ)―かしこにてうせ給へる」〈大鏡・時平〉
時を移さず。ただちに。すぐさま。
「―具して宮に帰りて后に立てむ」〈今昔・三一・三三〉
[補説]「軈」は国字。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やがて【軈て】

( 副 )
しばらく時間が経過すると、その事態に至るさま。そのうち。 「 -風も強まるでしょう」 「 -戻ります」
(時間・年月を表す語を伴う)はっきりとどれくらいかはいえないが、それに近いさま。もう。かれこれ。だいたい。 「最後に会ってから-一年になる」
いつとはわからないが、将来においては実現すると予測するさま。事の行き着くところ。結局。 「日々の努力が-実を結ぶ」
引き続き。続けてそのまま。 「薬も食はず。-起きもあがらで病みふせり/竹取」
すぐに。ただちに。 「名を聞くより-面影は推しはからるる心地するを/徒然 71
(空間的に)変わることなくそのまま。異なることなく一面に。 「牛は額はいと小さく白みたるが、腹の下・足・尾の筋などは-白き/枕草子 51
ほかでもなく。まさに。 「衣河の尻-海の如し/今昔 25」 〔ある事態が引き続くなかで次の事態が起こるさまを表すが原義。平安時代以降の和文に多く見える語。の意では漢文訓読では「すなわち」が用いられた。「軈」は国字で、ある物事にすぐ適応させる意の会意文字〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軈て/頓ての関連キーワード工程表腰が立たない錆刀暫く歯が立たない余り戸折返すこそり程無く労働単価

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone