コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近近(読み)キンキン

デジタル大辞泉の解説

きん‐きん【近近】

[副]近い将来。近いうちに。ちかぢか。「近近(に)上京する予定です」

ちか‐ぢか【近近】

[副]
時間的に隔たらないさま。ごく近いうちに。きんきん。「近近引っ越しするつもりです」
距離的に近いさま。ごく近くに。「近近と寄ってのぞき込む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんきん【近近】

( 副 )
ある物事が近い将来に実現するさま。ちかぢか。 「 -(に)出発の予定です」

ちかぢか【近近】

( 副 )
ある物事がごく近い未来に実現される予定であるさま。きんきん。 「 -の予定」 「 -伺うつもりでした」
(「ちかぢかと」の形で)すぐそばに。 「 -と相手の気配を感じる」 「山並みが-と見える」
しばしば。頻繁に。 「惣右衛門が留守だと-しけ込みます/真景累ヶ淵 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android