コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作用量 さようりょう action

翻訳|action

3件 の用語解説(作用量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作用量
さようりょう
action

一般座標 qi一般速度 一般運動量 pi(i=1,2,…,n) を用いて次の積分で定義される量。 作用量の変分がゼロであるという最小作用の原理は力学の基本法則を導く。作用量はエネルギーと時間との積の次元をもち,座標変換に対して不変な量である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

作用量【さようりょう】

広義には,エネルギー(仕事)と時間の積と同じ次元をもつ量で,座標変換により変化せず,力学の法則や変分=0(変分学)の形で与えられるもの。狭義には,質点の運動量を運動経路に沿って積分したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さようりょう【作用量 action】

ある物理量がエネルギー×時間,または運動量×座標(長さ)の次元をもつとき,この物理量は作用の次元をもつといい,そのような量を広い意味で作用量と呼ぶ。古典力学,または解析力学においては,作用量は歴史的にみても,また理論の構成のうえからも重要な意味をもつ基本量である。 一自由度の力学系の軌道が,一般化座標qとそれに対する正準運動量p直交座標空間(相空間といい,今の場合平面,すなわち相平面)において,一つの閉曲線を描くとき,この閉曲線(閉軌道と呼ぶ)内部の面積は一つの典型的な作用量である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

作用量の関連キーワードエネルギー代謝核エネルギー高エネルギー物理学熱エネルギー保存則エネルギー代謝率二次エネルギーエネルギー省エネルギー学エネルギー平衡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone