コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六玉川 むたまがわ

6件 の用語解説(六玉川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六玉川
むたまがわ

箏曲の曲名。 (1) 三橋検校作曲の箏組歌。中許 (裏組ともいう) 。6歌から成り,山城井手の玉川,近江野路の玉川,摂津三島の玉川,武蔵調布の玉川,陸奥野田の玉川,紀伊高野の玉川という,歌枕で有名な6つの玉川を各歌に配する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

む‐たまがわ〔‐たまがは〕【六玉川】

古歌に詠まれた6か所の玉川の総称。→玉川
題材をにとり、また歌詞に織り込んだ邦楽曲の題名または通称。
箏曲(そうきょく)組歌。江戸中期、三橋検校作曲。
富本節。本名題「草枕露の玉歌和(たまがわ)」。弘化3年(1846)ごろ、3世鳥羽屋里長作曲。
清元節。㋑を清元に移したもので、後半を4世清元延寿太夫が改編。
箏曲山田流。明治初年、㋑を初世中能島松声が箏曲に移入。玉川。
長唄。本名題「六玉川琴柱(ことじ)の鴈(かりがね)」。4世杵屋六三郎作曲。文政12年(1829)江戸河原崎座初演。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むたまがわ【六玉川】

古歌に詠まれた六つの玉川の総称。またこの六玉川の歌を題材とした邦楽の曲名。(1)古歌による六玉川。弘法大師(空海),藤原俊成(としなり),藤原定家(さだいえ),能因らの歌に詠まれた六つの玉川を総称したもので,山城(京都)の井出,紀伊(和歌山)の高野山,摂津(大阪)の三島,近江(滋賀)の野路(のじ),武蔵(東京)の調布,陸奥(宮城)の野田の玉川を指す。弘法大師は〈忘れても汲みやしつらむ旅人の高野のおくの玉川のみづ〉(《風雅集》),俊成は〈駒とめてなほ水かはむ山ぶきの花の露そふ井出の玉川〉(《新古今集》)と詠んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むたまがわ【六玉川】

六か所にある玉川の総称。 → 玉川

むたまがわ【六玉川】

六か所の玉川(六玉川)を詠み込んだ歌詞による邦楽曲各種の正称または通称。玉川。
箏曲組歌。宝暦(1751~1764)ごろ三橋検校作曲。
地歌箏曲手事物「玉川」の通称。地歌(原曲)は寛政(1789~1801)ごろ国山勾当作曲。箏手付不詳。
長唄「六玉川琴柱ことじの雁かりがね」の通称。1829年(文政12)四世杵屋六三郎作曲。
新内節「六玉川秀歌姿見しゆうかのすがたみ」の通称。文化(1803~1817)ごろ二世鶴賀新内作曲。
富本節または清元節「草枕露の玉歌和たまがわ」の通称。1846年(弘化3)三世鳥羽屋里長作曲。
山田流箏曲。の移曲。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六玉川
むたまがわ

清元(きよもと)の曲名。本名題(ほんなだい)は『草枕露(くさまくらつゆ)の玉歌和(たまがわ)』。3世鳥羽屋里長(とばやりちょう)が、1846年(弘化3)富本(とみもと)節として作曲したもの。この後半に多少手を加え、清元でもそのまま演奏される。曲名の由来は、古歌に詠まれた六つの玉川、すなわち、井手(いで)(京都)、高野(こうや)(和歌山)、野路(のじ)(萩(はぎ)の玉川とも。草津)、三島(大阪府高槻(たかつき)市。清元では「津の国」)、野田(千鳥の玉川とも。宮城)、調布(たつくり)(東京)を歌い込んだことによる。舞踊を伴い、三味線が活躍する作品で、後半の「晒(さらし)の合方(あいかた)」は『越後獅子(えちごじし)』に似た旋律も現れ、変化に富んだテンポとリズムで構成されている。山田流箏曲(そうきょく)にも取り入れられている。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六玉川の関連情報