凄愴(読み)セイソウ

デジタル大辞泉「凄愴」の解説

せい‐そう〔‐サウ〕【凄×愴/××愴】

[名・形動]悲しみいたむこと。また、非常にいたましいさま。「宣教師たちの―な殉教の歴史」
[ト・タル][文][形動タリ]非常にいたましいさま。また、ものさびしく、すさまじいさま。「―とした戦闘の跡」
「―たる光景が多少和らげられて」〈漱石・趣味の遺伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android