時分時(読み)じぶんどき

精選版 日本国語大辞典「時分時」の解説

じぶん‐どき【時分時】

〘名〙 ちょうどよい時分。特に食事時刻をいう。分。
※歌舞伎・五大力恋緘(評釈江戸文学叢書所収)(1793)中幕「時分(ジブン)どきに物を食はぬと、体の毒でござる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時分時」の解説

じぶん‐どき【時分時】

その物事にふさわしい時刻。特に、毎日の定まった、食事の時刻。めしどき。「時分時にお伺いして申し訳ございません」
[類語]時機機会チャンス好機時節頃合い頃おいときおり機運潮時しおどき潮合い時宜機宜好期適期時分商機勝機戦機千載一遇タイミング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android